photoshop
adobe
illustrator
ツール
AdobeXD

Photoshop、Illustrator、新ツール。CC 2018で気になったアップデートまとめ

More than 1 year has passed since last update.

2017/10/18夜に、Adobeツール群が一斉アップデートした。CC 2018となり、数多くの新機能が盛り込まれている。個人的によく使う次のツールについてまとめた。

  • Photoshop
  • Illustrator
  • Adobe XD
  • Lightroom

また、新ツールとして気になるものもまとめた。

  • Dimension
  • Character Animator

Photoshop CC 2018

Photoshop CC 2018ではバリアブルフォントや360°パノラマ、HEIFの対応が注目ポイント。

「バリアブルフォント」とは、一つのフォントファイルか複数のフォントウェイト、幅、属性などを変更できるもの。詳しくは記事「The Typekit Blog | バリアブルフォント – 柔軟なデザインを可能にする新しい種類のフォント」を参照のこと。

HEIFはiOS 11でサポートされたもので、JPEG以上の圧縮率や透過機能、アニメーション機能を備えるもの。「Introducing HEIF and HEVC - WWDC 2017 - Videos - Apple Developer」を参照。

また、Photoshop CC 2018では曲線ペンツールがサポートされ、Adobe MAX 2017の基調講演でもデモが行われた。

公式サイト「Photoshop CCの新機能 | さらに多くのライブラリ アセットに対応

Illustrator CC 2018

MacBookProのタッチバーをサポート。また、アートボードが1000点まで対応したのが嬉しい。Photoshopと同様にバリアブルフォントにも対応した。

「ベクターグラフィックを自然な外観を保ったままで変形させることができる」という「パペットワープ」機能。 池田氏 (@clockmaker)によると、After Effects CS3以降から存在していたとのこと。
参考記事「【Flasherが始めるAE】パペットツール | 宇都宮ウエブ制作所」。

公式サイト:「Illustrator CCの新機能 | 新しいアセット書き出しパネル

Adobe XD CC

待望の正式版がリリース。

Adobe MAX 2017の基調講演では、iPhone XのUIテンプレートを用いてAdobe XDを紹介するケースがよく見受けられたが、このテンプレートはAppleが公式にリリースしているもの。

XDについてはこちらの記事で詳しくレポートした。

【速報】 Adobe XDの正式版が遂にリリース! 光のように速いオールインワンのデザインツール - ICS MEDIA

Photoshop Lightroom CC

写真現像アプリLightroomがクラウド対応。モバイル版のLightroom mobileと操作感が統一された。

AdobeのAI「Adobe Sensei」を用いた画像検索機能は面白い。

ただ、現状では簡単な言葉しか検索できない模様。今後のアップデートに期待したい。

従来のLightroomは「Lightroom Classic」へ

Lightroomが置き換わるわけではなく、従来のアプリは「Lightroom Classic」となる。個人的には当面こちらを使っていくと思う。

公式サイト「新機能 | Adobe Lightroom Classic CC

Dimension CC(デザインツール)

2Dと3Dの素材を組み合わせられるデザイナー用の新ツール。以前「Project Felix」として発表されていたもの。

ICS MEDIAにも速報記事があるので、詳しくはこちらを参照のこと。

【速報】Adobeが3DデザインツールDimensionを正式発表。Creative Cloudで提供開始 - ICS MEDIA

Character Animator CC(モーションキャプチャー作成)

パソコンのカメラから私達の顔を撮影し、アニメーションのモーションキャプチャーを作ることが可能。CC 2018で正式版としてリリースされた。

実際に撮影してみたが、前バージョンよりもパフォーマンスは向上しているようだ。

番外編:Dreamweaver CC 2018

WindowsでHiDPIモニタ、マルチモニターをサポート。今回はあまりアップデートされなかった模様。

公式サイト「Dreamweaver CCの新機能 | スピーディに作成してコーディング

最後に

CC 2017がAdobe MAX 2016終了後の2016年の11月2日にリリースされたのに対して、CC 2018はAdobe MAX 2017開催直前の2017年10月18日だった。来年以降の大型アップデートもAdobe MAX直前にリリースし、MAX内で詳しく紹介するという流れなのかもしれない。