Help us understand the problem. What is going on with this article?

kintone かんたん検索 プラグインを作った話

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

kintone プラグインについて

課題

  • kintone標準の検索・フィルター機能がイケてない
  • アプリ内で検索する場合、検索対象となる項目を指定したうえでキーワードを入力する必要がある
  • 顧客マスタでは「会社名」、「氏名」、「メアド」などに対して、一括でキーワード検索ができると良い

やったこと

  • あんまり知られていないが、下記のようにURLにクエリを書くことで表示するレコードの条件を指定できる機能がある
  • この機能を使い、複数の項目をOR条件で繋いだクエリでレコードを絞り込みたい
    • e.g. "会社名 like XXX or 氏名 like XXX or mailaddress like XXX"
  • これをプラグイン化することで、アプリごとに検索対象とする項目を可変にしたい

導入方法

プラグインをダウンロード

Githubからプラグインをダウンロードする
easy-search-11.png

プラグインをインストール

参考:kintoneにプラグインをインストールする

アプリに追加

かんたん検索を使いたいアプリの設定画面へ
easy-search-3.png

プラグイン→プラグインの追加→かんたん検索プラグインを選択→追加
easy-search-4.png
easy-search-5.png

検索項目を選択

ネジマークからプラグインの設定画面へ
easy-search-6.png

検索対象としたいフィールドをチェックし、保存→アプリを更新
※検索項目が多いとクエリが長くなりエラーになる(10~15個まで)
easy-search-12.png

使ってみよう

一覧に検索ボックスが表示される

easy-search-9.png

「太郎」で検索すると・・・

easy-search-7.png

ドロップダウン項目での検索が可能

easy-search-10.png
※関連レコードやサブテーブルでの検索も可能

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした