Eclipse
rest
JavaEE
WebService
Liberty

LibertyによるWebサービスアプリ開発メモ: (1)環境構築

はじめに

Webサービス(REST)アプリを開発してLiberty上で動かすまでの流れについて、試したことを備忘録として記載していきます。
最終的にはEclipse, Liberty, JAX-RS, GitHub, Maven, JUnit, ...あたりを使ってRESTアプリの開発、テスト、デプロイの流れを作れるようにすることが目標。
まずはEclipseの環境整備の辺りから。

関連記事

LibertyによるWebサービスアプリ開発メモ: (1)環境構築
LibertyによるWebサービスアプリ開発メモ: (2)MavenプロジェクトによるJAX-RSアプリ開発
LibertyによるWebサービスアプリ開発メモ: (3)JPA経由でのDBアクセス
LibertyによるWebサービスアプリ開発メモ: (4)ロギング
LibertyによるWebサービスアプリ開発メモ: (5)JUnitによる単体テスト
LibertyによるWebサービスアプリ開発メモ: (6)Eclipse-GitHub連携

前提:
Windows 7
Eclipse 4.7 (Oxygen)
Java 8
WebSphere Liberty 17.0.0.x

Eclipse導入

以下からインストーラーをダウンロード(ここではWin 64bit版)
https://www.eclipse.org/downloads/download.php?file=/oomph/epp/oxygen/R/eclipse-inst-win64.exe

ダウンロードしたeclipse-inst-win64.exeを実行
Eclipse IDE for Java EE Developersを選択
image.png

インストール先のディレクトリを指定してインストール
image.png

ライセンスのAcceptやらなんやら、画面の指示に従ってインストールを進めていけばOK。

Liberty環境の整備

以下の記事の手順を参考に...
参考: Bluemix Liberty for Javaの開発環境を整える(1/3)

Eclipse上にWebSpher Liberty Developer Toolの導入

Eclipseを起動し、Help - Eclipse Marketplaceを選択。
IBM WebSphere Application Server Liberty Developer Tools for Oxygenをインストール
image.png

Featureの選択
image.png

Libertyの導入

Serversビューで「Clieck this link to create a new server...」をクリック
image.png

IBM - WebSphere Application Server Libertyを選択
image.png

Install from an archive or a repositoryを選択
image.png

インストール先を指定し、IBM WebSphere Liberty Repositoryから WAS Liberty with Java EE 7 Full Platformを選択
image.png

特に何も指定せずNext
image.png

ライセンスの確認

サーバー名指定
image.png

Finish!

サーバーが作成される。
image.png

LibertyのログをUTF-8に変更

Libertyのログの文字コードは、WindowsだとデフォルトのSJISが使われます。今回はUTF-8で統一するので、そのための設定変更をします。
WAS Libertyの導入ディレクトリ下に、「usr¥servers¥server_name」というディレクトリができているので、そこにjvm.optionsというファイルを作成します。

jvm.options
-Dfile.encoding=UTF-8

その他Eclipseの設定

Eclipse Workspaceの文字コードをUTF-8にする

Window - Preferences - [General]-[Workspace]を選択し、"Text file Encoding"をUTF-8にする。
image.png

JDKの設定

Window - Preferences - [Java]-[Installed JREs]を選択し、1.8が設定されていることを確認。
image.png

image.png

Window - Preferences - [Java]-[Compiler]を選択し、Compiler compliance levelに1.8が設定されていることを確認。
image.png

Code StyleのFormatterを指定

複数名での開発を想定して、Code Styleのフォーマッターを特定のものに設定する。
ここでは「Google Style Guides」を使用することにする。

以下からzipをダウンロードして展開。
Google Style Guides

Window - Preferences - [Java]-[Code Style]-[Formatter]を選択
Import -> 「eclipse-java-google-style.xml」をimport
image.png

Window - Preferences - [Java]-[Editor]-[Save Action]を選択
"Perform the selected actions on save" をチェック => "Format source code"をチェック
image.png

おまけ

Libertyサーバーを作成した直後の状態だと、server.xmlに赤×がついていてちょっと気持ち悪い。
こんな感じ...
image.png

Merkersビューのメッセージを右クリック - Quick Fix
image.png

Add the required server configuration を選択してFinish
image.png

setボタン
image.png

Keystore passwordとEncodingを指定
image.png

これでserver.xml上は以下のような設定が追加されて赤×が消える。
<keyStore id="defaultKeyStore" password="{xor}Pj4+"/>