Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS MediaLive で 4K ライブ配信ってできるの?

夜に眠れるって幸せ! cloudpack の streampack チームリーダー木村です。

突然ですが現在インフラチーム、Web アプリ開発チーム共に絶賛人材募集中でございます。
AWS大好き! 動画やってみたい! というそこのあなた!
ご連絡をお待ちしておりますm(_ _)m

10/2 加筆

2019/9/13 に 4K/UHD HEVC ライブ配信に対応しました。(4K AVC は未対応)

https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2019/09/aws-elemental-medialive-supports-hevc-4k-uhd-outputs-live-channels/

4K ライブ配信

さてさて、最近 4K ライブ配信の案件があり、それは違うソリューションを利用するのですが、そういえば MediaLive で 4K 配信ってできたんだっけ? と思い試してみることにしました。

さらっと仕様を確認すると以下のようにあります。

https://aws.amazon.com/jp/medialive/features/

スクリーンショット 2018-11-29 16.32.45.png

ほうほう、確かリリース時にはライブの 4K は未対応と聞いていた記憶があったけど対応したのかぁ、と思いさっそくセットアップですよ!

チャンネル作成

Channel and input details

Input specifications > Input resolutionUHD を選択します。

medialive_home.png

HLS group

Output groups > HLS group で 10M/5M/3Mbps の HLS ABR を構成します。

スクリーンショット 2018-11-29 16.55.18.png

Outputs

各出力設定は以下として、最後に Update Channel で更新します。

Outputs Resolution Video Bitrate
Output 1 3840x2160 10Mbps
Output 1 2560x1440 5Mbps
Output 1 1920x1080 3Mbps

スクリーンショット 2018-11-29 17.01.44.png

結果

怒られたよママン....

スクリーンショット 2018-11-29 17.02.46.png

どうやら入力に 4K を利用できるけど、出力は FHD までってことなのでしょうか。

例によってドキュメントには何も書いてないんですわこれが。

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/medialive/latest/ug/what-is.html

一応出力を FHD に変更して 4K ストリームを入力してみると FHD での配信は可能でした。

まとめ

2018年12月7日現在、MediaLive で 4K ライブはできませんでした〜

これが対応してくれると色々と楽なのになー。
今後のアップデートに期待です!

tomopyonsama
セロー買うたった 林道林道
cloudpack
Amazon Web Services (AWS) の導入設計、環境構築、運用・保守をサポートするマネジドホスティングサービス
https://cloudpack.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした