search
LoginSignup
34

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

CircleCIでJUnitの結果を見る

CircleCIでJUnitのテストを実施する場合、以下の2通りの方法で結果を参照することができるようです。

方法1. artifactに結果のhtmlファイルを保存する

JUnitのテスト結果は通常 app/build/reports/tests 配下に出力されます。こいつをartifact配下に保存してやることで、CircleCIのConsole上で確認ができます。
artifactsとして保存するには以下をcircle.ymlに記載してあげます。

circle.yml
general:
  artifacts:
    - "app/build/reports/tests"

実行結果

CircleCIのartifact配下にファイルが保存されていることが確認できます。
スクリーンショット 2015-07-03 23.06.25.png

index.htmlを開くと、結果が参照できます。

スクリーンショット 2015-07-03 23.07.44.png

方法2. CircleCIのTest Failureレポートに表示する

CircleCIではJUnitの結果で生成されるxmlファイルを読み取って、レポートとして表示することができます。やり方としては、xmlファイルを$CIRCLE_TEST_REPORTS配下に移動すればOKです。
AndroidのGradleの場合は build/test-results 配下に存在するxmlファイルを$CIRCLE_TEST_REPORTS配下にコピーします。circle.ymlは以下のようになります。

circle.yml
test:
  post:
      - mkdir -p $CIRCLE_TEST_REPORTS/junit/
      - find . -type f -regex ".*/test-results/*/.*xml" -exec cp {} $CIRCLE_TEST_REPORTS/junit/ \;

実行結果

以下のようにTest Failureにて結果が確認できることがわかります。

スクリーンショット 2015-07-03 23.08.07.png

個人的には、方法2の方がすぐに結果を確認できるので、よいのかなと思います。
なお、Mavenのsurefireプラグインを利用している場合はDocsに記載のこちらの手順でできるそうです。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
34