Posted at

認証プロキシに悪戦苦闘したエンジニアの手記

More than 3 years have passed since last update.

認証プロキシって邪魔ですよね?

最初はなんともなかったんですけどねぇ。。

時間がたつにつれ、色々な作業を阻害する要因になってきました。

別にプロキシ導入を否定するわけではないですが、、

エンジニアにとってはなんとも言えない存在なわけです。

後に続くエンジニアのため(8割方は覚えられない自分のために)、よく使うプロキシの設定についてまとめたいと思います。


1. サーバ

とある昔cloud9にはまり始めた頃、社内サーバにもcloud9をインストールしようと思ったことがあり、インストールしようとしました。

さて、手順を見てみるとめちゃ簡単でした。


command

git clone git://github.com/c9/core.git c9sdk

cd c9sdk
scripts/install-sdk.sh

参考:Cloud9 3.0 SDK for Plugin Development

一瞬でインストール出来そうだと思いgit cloneしてみたのが、悪夢の始まりでした。

-bash: git: コマンドが見つかりません

ε=\_ ズコー

git入ってないじゃないか!

ということでyumしてみると

Could not retrieve mirrorlist

一発目のコマンドから全然進みません\(^o^)/

はい、前置きが長くなってしまいましたが、この時初めてプロキシという存在について再認識しました。

結論から話すとyum git nvm 等々色々なコマンドが通りませんでした。

ここからどういう設定が必要だったかを書いていきます。

この手のアプリは五万とありますが、私は入りがこのアプリだったので、このアプリを使って説明することにします。

Windowsの場合、コマンドプロンプトを開き、ipconfig /all とコマンドを入力してください。すると自分のIPアドレスが分かると思います。

私の場合は、IPv4 アドレスと書かれたものでした。

今回はIPv4 アドレスが123.45.67.890 だったとします。

次にコマンドプロンプトにC:\HttpProxyAuth.exe "username:password@proxyserver:port" 8888 と入力してください。あなたのプロキシサーバの環境情報が仮に下記表だった場合、コマンドはC:\HttpProxyAuth.exe "proxyuser:proxypass@proxy.test.co.jp:88" 8888 となります。

※HttpProxyAuth,exeをCドライブ直下に配置した場合の例です。

項目名
設定値

プロキシ認証のユーザ名
proxyuser

プロキシ認証のパスワード
proxypass

プロキシサーバ
proxy.test.co.jp

プロキシサーバのポート
88

中継のポート(任意)
8888

さてコマンド入力が終わると、下記のように表示されると思います。

認証プロキシサーバ = proxy.test.co.jp:88

ユーザ:パスワード = proxyuser:proxypass
ローカルポート = 8888
コンソール表示有無 = 0
認証プロキシとの中継を開始しました。

エラーが出るようであれば、コマンドが間違えているので、もう一度よく確認してください。ここまで完了すれば準備は完了です。各コマンドの設定をしましょう。


  • yum


command

vim /etc/yum.conf

#yum.confの末尾に記載
proxy=http://123.45.67.890:8888
proxy_username=proxyuser
proxy_password=proxypass



  • wget


command

vim /etc/wgetrc

# You can set the default proxies for Wget to use for http, https, and ftp.
# They will override the value in the environment.
https_proxy = http://123.45.67.890:8888
http_proxy = http://123.45.67.890:8888
ftp_proxy = http://123.45.67.890:8888
proxy_user = proxyuser
proxy_passwd = proxypass



  • git


command

git config --global https.proxy http://proxyuser:proxypass@123.45.67.890:8888

git config --global http.proxy http://proxyuser:proxypass@123.45.67.890:8888
git config --global url.https://github.com/.insteadOf git://github.com/


  • nvm


command

export HTTP_PROXY=http://proxyuser:proxypass@123.45.67.890:8888

export HTTPS_PROXY=http://proxyuser:proxypass@123.45.67.890:8888
export FTP_PROXY=http://proxyuser:proxypass@123.45.67.890:8888


  • npm


command

npm config set proxy http://proxyuser:proxypass@123.45.67.890:8888

npm config set https-proxy http://proxyuser:proxypass@123.45.67.890:8888
npm config set registry http://registry.npmjs.org/


2. エディタ

サーバにcloud9をインストールしようとしていた時期からしばらくたち、今度はAtomやらに興味を持ち始め、使ってみようとしました。。

※AtomについてはHttpProxyAuthの設定は不要です。

プラグインがインストールできませんでした。。


  • Atom


command

#コマンドプロンプトで入力

apm config set https-proxy http://proxyuser:proxypass@proxy.test.co.jp:88
apm config set strict-ssl false

参考:ATOMエディタのproxy設定


3. あとがき

Unity、bundle install、、、種類が多すぎる。。

手記はここで途絶えている