ATOMエディタのproxy設定

  • 117
    Like
  • 0
    Comment

概要

proxy環境内でATOMエディタのパッケージインストール等をするには、apmコマンドでhttps-proxyを設定する。またproxyがSSL証明書を自己署名証明書に置き換える場合などは、同様にstrict-sslfalseを設定する。

詳細

proxy環境内でATOMエディタにパッケージをインストールするために、proxy設定方法を試行錯誤してみた。私の環境では、以下の認証proxyの設定+proxyがSSL証明書を置き換える場合の追加設定を実施したところ、パッケージの追加ができた。

proxy設定

proxy設定が必要な環境では、Settingsの「+Install」画面で、Install Packagesの検索結果、「Featured Packages」の表示部分ともエラーになり、出力表示はconnect ETIMEDOUTだった。

001_no-proxy-setting.png

「Is there any proxy settings?」のPOST#31に従って、Windowsのコマンドプロンプトからapmコマンドでproxyを設定した。

002_proxy-setting-with-apm.png

実行したコマンドは以下のようなもの。proxy-server.example.comはproxyの部分はサーバ名、10080の部分はproxyのポート番号を指定する。

apm config set https-proxy http://proxy-server.example.com:10080

以下で現在の設定を確認できる。

apm config get https-proxy

認証proxyの設定

proxyに認証が必要な場合、環境変数などでも使われる以下の書式で設定できた。usernameはproxy認証のユーザー名、passwordの部分はパスワードを指定する。

apm config set https-proxy http://username:password@proxy-server.example.com:10080

proxyがSSL証明書を置き換える場合の追加設定

proxyがSSL証明書を自己署名証明書に置き換える場合などは、前述のエラー表示部の出力がUNABLE_TO_VERIFY_LEAF_SIGNATUREになった。

UNABLE_TO_VERIFY_LEAF_SIGNATURE・Issue #103・atom/apm・GitHub」を参考に、以下の設定を行ったところ、解消した。

apm config set strict-ssl false

なお「ssl - Node.js HTTPS 400 Error - 'UNABLE_TO_VERIFY_LEAF_SIGNATURE' - Stack Overflow」および「Node.js のクライアントからオレオレ証明書のサーバへ接続する方法 - Qiita」によれば、環境変数NODE_TLS_REJECT_UNAUTHORIZEDを設定する方法もある様子。未実施。

設定結果

私の環境では、以下の認証proxyの設定+proxyがSSL証明書を置き換える場合の追加設定を実施したところ、前述の二つのエラー出力が解消でき、パッケージの追加ができた。

003_package-installed.png

確認環境

  • ATOMエディタ 0.179
  • Windows 7 Professional SP1

以下の環境でも、上記でパッケージインストールできるようになることが確認できた(画面は変わっていたしjapanese-wrapはもう不要だったけど)。

  • ATOMエディタ 1.16.0
  • Windows 10 Pro