Edited at

Tech-Circle#1 OpenStackハンズオンマテリアル(基礎編)

More than 3 years have passed since last update.


基礎編

先に準備編を実施してください。これ以降の手順はすべてVNCサーバのデスクトップ画面から行います。また、パラメーターをコピー&ペーストできるよう、このページをVNCサーバのブラウザで開いておいてください。

このハンズオンでは、OpenStackのWeb UIを使って一通りの操作を体験します。

基礎編では、インスタンスを作成してログインできることが目標です。

alt


Web UIにログイン

受付で配布したアクセス情報を参照して、ブラウザからOpenStackのWeb UIにログインしてください。

OpenStackのアカウントとパスワードはハンズオン環境のアカウントと同じものです。


①内部ネットワークの作成

プライベートな仮想ネットワークを作成します。

最初に、メニューの[ネットワーク]-[ネットワークトポロジー]に移動し、外部ネットワーク(external)が作成されていることを確認します。

内部ネットワークを作成します。

[ネットワーク]-[ネットワーク]から【ネットワークの作成】を選択します。


【ネットワーク】

  ネットワーク名:internal

  管理状態:UP

【サブネット】

  サブネットの作成にチェック

  サブネット名:int-subnet

  ネットワークアドレス:192.168.0.0/24

  IPバージョン:IPv4

  ゲートウェイIP:(空欄)

  ゲートウェイなしのチェックなし

【サブネットの詳細】

  DHCP有効にチェック

  IPアドレス割り当てプール:(空欄)

  DNSサーバー:8.8.8.8

  追加のルート設定:(空欄)


internalというネットワークが作成されることを確認します。

名前を選択して詳細を表示し、int-subnetというサブネットが作成されていることを確認します。

メニューのネットワークトポロジーに移動して、新しいネットワーク作成されていることを確認します。


②ルーターの作成

外部ネットワークと内部ネットワークを接続するルーターを作成します。

[ネットワーク]-[ルーター]から【ルーターの作成】を選択します。


【ルーターの作成】

  ルーター名:ext-router


ext-routerというルーターが作成されます。

メニューのネットワークトポロジーに移動して、ルーターが作成されていることを確認します。

ルーターを外部ネットワークに接続します。

ルーターのアクションから【ゲートウェイの設定】を選択します。


【ゲートウェイの設定】

  外部ネットワーク:external

  ルーター名:ext-router

  ルーターID:デフォルトのID


ルーターに外部ネットワークのゲートウェイが設定されます。

ネットワークトポロジーに移動して、ルーターが外部ネットワークと接続されたことを確認します。

続いて、ルーターを内部ネットワークに接続します。

名前を選択して詳細画面に移動し、【インターフェースの追加】を選択します。


【インターフェースの追加】

  サブネット:internal: 192.168.0.0/24 (int-subnet)

  IPアドレス:(空欄)

  ルーター名:ext-router

  ルーターID:デフォルトのID


ルーターに内部ネットワークのポートが設定されます。

ネットワークトポロジーに移動して、ルーターが内部ネットワークとも接続されたことを確認します。


③マシンイメージの登録

インスタンスのベースとなるマシンイメージを登録します。

メニューの[コンピュート]-[イメージ]から【イメージの作成】を選択します。


【イメージの作成】

  名前:fedora-20.x86_64

  説明:(空欄)

  イメージソース:イメージの場所

  イメージの場所:http://cloud.fedoraproject.org/fedora-20.x86_64.qcow2

  形式:QCOW2-QEMUエミュレーター

  アーキテクチャー:(空欄)

  最小ディスク(GB):(空欄)

  最小メモリー(MB):(空欄)

  パブリックのチェックなし

  保護のチェックなし


fedora-20.x86_64というマシンイメージが作成されます。


④セキュリティグループの作成

インスタンスのアクセス制御設定を行うセキュリティグループを作成します。

メニューの[コンピュート]-[アクセスとセキュリティー]のセキュリティーグループタブから【セキュリティグループの作成】を選択します。


【セキュリティグループの作成】

  名前:my-secgroup

  説明:my security group


my-secgroupというセキュリティグループが作成されます。

インスタンスSSHで接続できるよう、セキュリティグループにルールを追加します。

my-secgroupのアクションから【ルールの管理】を選択します。

【ルールの追加】を選択して、SSHの受信ルールを作成します。


【ルールの追加】

  ルール:SSH

  接続相手:CIDR

  CIDR:0.0.0.0/0


セキュリティーグループルールの一覧に、方向:受信、ポート範囲:22(SSH)のルールが作成されます。


⑤キーペアの作成

インスタンスにSSH接続するための鍵を作成します。

メニューの[コンピュート]-[アクセスとセキュリティー]のキーペアタブから【キーペアの作成】を選択します。


【キーペアの作成】

  名前:my-key


キーペアを作成するとmy-key.pemというファイルがダウンロードされます。後で使用するので、ダウンロードされた場所を確認しておいてください。


⑥Floating IPの確保

外部ネットワークからインスタンスにアクセスするためのIPアドレスを取得します。

メニューの[コンピュート]-[アクセスとセキュリティー]のFloating IPタブから【Floationg IPの確保】を選択します。


【Floationg IPの確保】

  プール:external


IPの確保を実行すると、一覧にIPアドレスが追加されます。


⑦インスタンスの作成

準備が整ったので、いよいよインスタンスを作成します。

メニューの[コンピュート]-[インスタンス]から【インスタンスの起動】を選択します。


【インスタンスの起動】

  【詳細】

    アベイラビリティーゾーン:nova

    インスタンス名:test-instance

    フレーバー:m1.small

    インスタンスのブートソース:イメージから起動

    イメージ名:fedora-20.x86_64

  【アクセスとセキュリティー】

    キーペア:my-key

    セキュリティグループ:my-secgroupにチェック

               defaultのチェックなし

  【ネットワーク】

    択済みネットワーク:internal


起動を実行すると、インスタンスの作成が開始されます。

インスタンスの名前を選択すると、詳細や起動ログが確認できます。

また、メニューのネットワークトポロジに移動すると、インスタンスが作成され、内部ネットワークに接続されていることが確認できます。

インスタンスに外部ネットワークのIPアドレスを割り当てます。

test-instanceのアクションから【Floating IPの割り当て】を選択します。


【Floating IPの割り当て管理】

  IPアドレス:⑥で取得したIPアドレス

  IPを割り当てるポート:test-instance


割り当てを実行するとインスタンスのIPアドレス欄に外部ネットワークのIPアドレスが追加されます。


⑧インスタンスにログイン

インスタンスの起動が完了したら、⑤のpemファイルを使ってインスタンスにSSHでログインします。

VNCサーバのデスクトップ画面左上のメニューから、[アプリケーション]-[システムツール]-[端末]を選んでターミナルを開きます。

ダウンロードしたpemファイルをホームディレクトリに移動して、以下のコマンドを実行します。

chmod 600 my-key.pem

ssh -i test-key.pem fedora@[インスタンスのFloating IP]

インスタンスにログインできれば、ハンズオン基礎編は完了です。

ifconfigでインスタンスのネットワーク設定を確認したり、curlでWebサイトにアクセスできるか試してみたりしましょう。


ハンズオンマテリアル一覧

【Tech-Circle#1 OpenStackハンズオンマテリアル(準備編)】

【Tech-Circle#1 OpenStackハンズオンマテリアル(基礎編)】(このページです)

【Tech-Circle#1 OpenStackハンズオンマテリアル(応用編)】