Edited at

Tech-Circle#1 OpenStackハンズオンマテリアル(応用編)

More than 3 years have passed since last update.

先に基礎編を実施してください。基礎編で作成したマシンイメージ、キーペア、Floating IPを応用編でも使用します。

このハンズオンでは、OpenStackのオーケストレーション機能であるHeatを使って、プロビジョニングやアプリケーションデプロイの自動化を体験します。

応用編では、サンプルテンプレートを使ってWeb/DB分離構成のWordPressを立ち上げることが目標です。


①事前準備

事前に、基礎編で作成したインスタンス、ルーター、ネットワークを削除します。

マシンイメージ、キーペア、Floating IPは応用編で引き続き使用します。


  • インスタンスの削除


    • test-instanceのアクションから【インスタンスの終了】を実行します。



  • ルーターの削除


    • ルーターの名前を選択して詳細画面に移動し、【インターフェースの削除】を実行します。

    • ルーターの一覧画面に戻り、my-routerにチェックをつけて【ルーターの削除】を実行します。



  • ネットワークの削除


    • internalにチェックをつけて【ネットワークの削除】を実行します。



※インスタンスやルーターが接続しているネットワークは削除できません。

 先にインスタンスとルーターの削除を実施してくださいしてください。

ネットワークトポロジーを表示して、外部ネットワークだけになっていることを確認します。


②スタックの作成

サンプルテンプレートを使ってWordPressを構築します。

サンプルテンプレートを使ってスタックを作成すると、以下のリソースが新規に自動構築されます。


  • 内部ネットワーク

  • ルーター

  • Webサーバ用セキュリティグループ

  • DBサーバ用セキュリティグループ

  • Webサーバ用インスタンス

  • DBサーバ用インスタンス

メニューの[オーケストレーション]-[スタック]から、【スタックの起動】を選択します。


【テンプレートの選択】

  テンプレートの指定方法:URL

  テンプレートURL:https://raw.githubusercontent.com/tominaga443/openstack_hands_on/master/heat_template/wordpress_web_db.yaml

  環境設定の指定方法:ファイル

  環境設定ファイル:選択しない

【スタックの起動】

  スタック名:wordpress

  作成タイムアウト時間(分単位):60

  ユーザー "xxx"のパスワード:受付で配布したOpenStackのパスワード

  image_id:fedora-20.x86_64

  key_name :my-key

  その他のパラメーターはデフォルトのままで構いません

  イメージ名や鍵の名前を違うものにした場合、そちらを入力してください。


起動を実行すると、新しいスタックが作成されます。

ネットワークトポロジーを表示すると、リソースが作成されていく様子を見ることができます。

また、スタックの詳細画面からパラメータ一覧や実行されたアクションを見ることができます。


③Floating IPの割り当て

スタックの作成が完了したら、WordPressにアクセスできるようにするためにWebサーバにFloating IPを割り当てます。

インスタンスの一覧からwordpress-WebServer-xxxxを選択して、アクションから【Floating IPの割り当て】を実行します。

割り当てを実行するとWebServerのIPアドレス欄にIPアドレスが追加されます。


④Webサーバにアクセス

WordPressが立ち上がっているか確認します。

ブラウザからhttp://[WebServerのFloating IP]/wordpressにアクセスします。

WordPressのWelcomeページが表示されれば、WordPress構築成功です。



サイト名、ユーザ名、パスワード、メールアドレス(ダミー可)を入力して【install WordPress】を実行すると、WordPressを利用できるようになります。


ハンズオンマテリアル一覧

【Tech-Circle#1 OpenStackハンズオンマテリアル(準備編)】

【Tech-Circle#1 OpenStackハンズオンマテリアル(基礎編)】

【Tech-Circle#1 OpenStackハンズオンマテリアル(応用編)】(このページです)