search
LoginSignup
406

More than 5 years have passed since last update.

posted at

GitHubのリリース機能を使う

Release機能について

GitHub上で開発したソフトウェアをそのままGitHub上で配布したい場合や、リリースごとのChangelogの見せ方をこだわりたい場合には、GitHubのリリース機能を使用することが出来ます。

Release機能の使い方

前提

  • 自分のGitHubリポジトリを持っていること
  • Gitリポジトリにtagが付けられていること

Releasesページ

GitHubのリポジトリのページにあるReleasesページへのリンクには、今まで付けたタグの一覧が表示されています。

自分がリポジトリのOwnerであれば、このReleasesページの右上に、Draft a new releaseというボタンが表示されております。
(Collaboratorの場合にも同様に出るかは分かりません…)

releases-page.png

Edit releaseページ

Draft a new releaseボタンを押すと、下記のような画面が表示されます。画面からは、下記の設定を行うことができます。
* Releaseするtag/branch
* リリース名
* 説明文
* 配布するファイル
* pre-releaseにするかどうか

Release-description-page.png

Release後のReleasesページ

必要な入力を行い、いざPublish releaseボタンを押すと、下記のように、リリース対象のtagがステキな画面になりました。

released.png

個人的には、Goでツールを作ってクロスプラットフォーム用にバイナリを生成した場合に、バイナリをアップロードしてあげるような用途で使うと便利かなと思っています。
皆様も、是非GitHubのRelease機能を使ってみてください!

参考URL

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
406