Help us understand the problem. What is going on with this article?

IntelliJ IDEAのPythonプラグインからもvirtualenvが使える

More than 5 years have passed since last update.

Pythonで開発環境を構築する上で、ベースのPython環境を汚さないようにvirtualenvを使用する方は多いかと思います。それに比べると利用者は少ないかと思いますが、IntelliJ IDEAのPythonプラグインでも、実は簡単にvirtualenvが使えるので、ご紹介します。

今回作成に使用した環境は下記の通り。Python 3.3にて標準機能となったvenvにも対応している模様です。事前にvirtualenvを入れることなしに試しています。

  • IntelliJ IDEA 13 Ultimate Edition
  • Python 3.3.3 (Windows-32bit版)

まずは試しに新規プロジェクトを作成します。モジュールは当然Python。

スクリーンショット_120513_054519_PM.jpg

次にConfigure SDKの画面で、左上の+ボタンから、Python SDKCreate VirtualEnv... を選びます。

無題クリップ_120513_055845_PM_120513_062731_PM.jpg

Create Virtual Environmentダイアログで、virtualenvの名前と保存先、そしてベースとなるPython SDKを選択すればOK。見事、venv-33というフォルダにPython 3.3.3の仮想環境が作られました。

スクリーンショット_120513_060122_PM.jpg

あとは作った仮想環境を選択した状態で次に進めていってウィザードを完了させれば、今作った仮想環境での開発ができるようになります。
さて、早速SQLAlchemyが必要になったので、入れることにしましょう。
import sqlalchemyと書いてAlt+Enterし、Install package sqlalchemyを選べばモジュールのインストールが行われます。

無題クリップ_120513_061013_PM.jpg

インストール完了。もちろん先ほど作った仮想環境にSQLAlchemyがインストールされます。

スクリーンショット_120513_061413_PM.jpg

簡単にvirtualenvで仮想環境が作れるのは便利ですね!

詳細はPyCharmではありますが、PyCharmのヘルプもご参照ください。
また、既存のvirtualenv環境を利用することも可能とのことです。PyCharmですが、Adding Existing Virtual Environmentをご参照ください。

todogzm
B2B ECサイトのITエンジニアです。 基本Java屋さんでしたが、最近は仕事でもPythonを使うようになりました。 Node.js, Go, Scala, Awkあたりは最近ご無沙汰です。 IntelliJ IDEAとVimが好きですし、自動化というキーワードが大好きです。
http://a2c.tech/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした