Vim
vimrc
vimscript

WSL(旧Bash on Ubuntu)上のVimからその時の作業ディレクトリでエクスプローラーを開く

Windows Subsystem for Linuxは非常に便利ですよね。
Windowsで手軽にLinux環境を使えるので重宝しています。

特にVim(neovim)の挙動がほぼ完璧なところが個人的な一番の推しポイントです。
WSL上のvimで作業しているときにしばしば起きるのが、vimの現在の作業ディレクトリをエクスプローラーで開きたいということです。

それを実現する設定がこちら

noremap e :!explorer.exe `pwd \| sed -e "s@\/mnt\/c\/@C:\\\\\\@" \| sed -e "s@\/@\\\\\\@g"`

これを.vimrcに書くとSpase+eでその時の作業ディレクトリでエクスプローラーが立ち上がります。
vimの文字列とsedのエスケープが合わさってすごい量のバックスラッシュになっていますね…

おまけ

作業ディレクトリでコマンドプロンプトを開く

noremap c :!cmd.exe /c start cmd.exe