Help us understand the problem. What is going on with this article?

Ethereum testnet (Ropsten)のアカウントを作成して1 ETH取得する手順

More than 1 year has passed since last update.

EthereumのRopstenというテストネットにアカウントを作成し、1ETHを取得する方法です。Windows7です。

Chrome Extensionの、MetaMask をインストールします。
Chromeで以下のURLにアクセスし、「Chromeに追加」をクリックします。
https://chrome.google.com/webstore/detail/metamask/nkbihfbeogaeaoehlefnkodbefgpgknn?hl=ja
WS000267.JPG

インストールできたら、MetaMaskの接続ネットワークをRopstenに変更します。
WS000271-1.jpg

規約の確認が2つ出てくるので同意します。
2つめの同意は、規約を下までスクロールしないと押せません。

パスワードを2回入力してCREATEを押すとテストネットにアカウントが作成されます。
WS000277-1.jpg

Seed Wordsが表示されます。
あとで必要になるので、保存しておきます。
WS000278-1.jpg

作成されたアカウントのアドレスが確認できます(灰色で塗りつぶしている部分)
WS000280-1.jpg

ここからは、テストネット用のETHを取得する手順です。有志のアカウントから無料で送金してもらう方法です。

「BUY」をクリックします。
WS000281-1.jpg

「ROPSTEN TEST FAUCET」をクリックします。
WS000282-1.jpg

送金画面が表示されます。
request 1 eth...をクリックすると、有志アカウントから自分のアカウントへ1ETHを送金するトランザクションが発行されます。
WS000283-1.jpg

transactionsのところに、発行されたトランザクションのidが表示されます。
これをクリックすると、トランザクションの詳細画面に飛びます。
WS000284-1.jpg

トランザクションが承認される前の画面です。blockheightがまだ未確定(Pending)です。
WS000286-1.jpg

30秒から1分ほど待つと、無事に承認されました。
WS000287-1.jpg

MetaMaskでアカウントの残高に「1ETH」が表示されているのが確認できます。
WS000289-1.jpg

この方法で、Ethereum testnet (Ropsten)のアカウントを作成して1 ETHを取得することができました。

tmikada
Javaエンジニア/ブロックチェーンに興味があります
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした