LoginSignup
31
24

More than 1 year has passed since last update.

【環境構築編】 2022年だしそろそろAndroidアプリ開発を始めてみる (1/4)

Last updated at Posted at 2022-03-31

この記事は、Android開発の難しい部分を端折ったゆる〜いチュートリアル記事です。
この記事でAndroid開発に興味を持ってもらえたら泣いて喜びます。
この記事はPart1です。Part1では、Androidアプリを開発するための環境構築をします。

対象者

この記事は「Androidアプリ作りたいけど難しそうだな〜」と感じている人向けです。
多少のプログラミング経験と、JavaやKotlinをある程度理解していると進めやすいと思います。

ゴール

この記事では、MediaWiki APIを使用して、Wikipediaの記事一覧を表示するアプリを作成します。

この記事で作成するアプリのコードはGitHubで公開しています。
https://github.com/tkhskt/WikiClient

記事内で登場するコードではimport文などは記載していないので、各ファイルのimport文はGitHubに公開しているサンプルを参考にしてください。

実装する機能はざっくりこんな感じです。シンプルですね。

  • 記事のリスト表示
  • 記事の検索

技術的なポイントは

  • Web APIからのデータ取得
  • リスト表示
  • 画像読み込み
  • 画面遷移

あたりですかね〜

注意

この記事では、AndroidアプリのライフサイクルFragmentDIアーキテクチャなどの超絶重要概念の説明をかなり端折っているので、今後もAndroid開発するぞ!という方は、Google公式の学習ページや市販の本などで基礎を学習した方が良いと思います。

環境構築

まずは、Androidアプリを開発するために必要なソフトウェアをインストールしましょう。

Android Studioのインストール

Androidアプリの開発はAndroid Studioで行います。Android StudioはGoogleが提供しているAndroid開発用のIDE(統合開発環境)です。
ダウンロードページ

使用する言語について

Android開発は基本的にJavaかKotlinというプログラミング言語で開発します。
この記事ではKotlinを使用します。

Kotlin

KotlinはJetBrainsという会社によって開発されているプログラミング言語で、2019年にはGoogleによってAndroidアプリ開発の推奨言語に指定されました。
Javaとの互換性があり、Javaよりもスッキリ書くことができるので、最近のAndroidアプリ開発ではKotlinが使用されることが多いです。
個人的には、これからAndroidアプリ開発を始める方はKotlinで開発するのがオススメです。
KotlinがわかってくればJavaもわかるようになる...はず(逆も然り)

何はともあれ作り始める

Android Studioのインストールが終わったら、早速アプリを作り始めましょう。

プロジェクトの作成

Android Studioを起動し、↓のような画面が表示されたら「New Project」をクリックして新規プロジェクトを作成しますしょう。

スクリーンショット 2022-03-28 0.34.18.png

「New Project」をクリックすると、↓のようにアプリのテンプレート選択画面が表示されます。
今回は「Empty Activity」を選択しましょう。

スクリーンショット 2022-03-28 0.37.43.png

テンプレートを選択すると、プロジェクト名とパッケージ名の入力が求められます。適当な名前を入力しましょう。
ここは別に何でもいいんですが、今回はName(プロジェクト名)WikiClientに、Package Namecom.example.wikiclientにします。

スクリーンショット 2022-03-28 0.46.48.png

Android Studioの使い方

パッケージ作成

パッケージを作成したいディレクトリを右クリックし、New→Packageでパッケージ(ディレクトリ)を作成できます

スクリーンショット 2022-03-31 14.26.38.png

ファイル作成

ファイルを作成したいディレクトリを右クリックし、Newから様々な種類のファイルを作成できます

スクリーンショット 2022-03-31 14.27.41.png

ログの見方

Android Studioの下部にある、「Logcat」というタブを選択すると、接続中の端末のログを表示できます。

スクリーンショット 2022-03-31 14.29.18.png

ログにはVerbose、Debug、Errorなどのレベルが存在します。

とりあえず全てのログを表示したいときはVerboseを選択し、エラーだけを表示したい場合はErrorを選択するということだけ覚えておきましょう。

アプリがうまく動かない!と思ったらLogcatに表示されているログでググりましょう。
アプリがうまく動かない!と思ったらLogcatに表示されているログでググりましょう。
アプリがうまく動かない!と思ったらLogcatに表示されているログでググりましょう。

大事なことなので3回言いました。

エミュレータ/開発端末の設定

開発中のAndroidアプリの動作確認は、PC上で動作するAndroidのエミューレータ(仮装デバイス)か、お手持ちのAndroid端末で行います。
それぞれの設定方法を記載するので、お好きな方を実践してみてしてください。

エミュレータを利用する場合の設定

Android Studioの右上に表示されているDevice Managerをクリックし、表示されたDevice Manager上にあるCreate Deviceをクリックします。

68747470733a2f2f692e696d6775722e636f6d2f323036414e36452e706e67.png

そうすると、端末の選択画面が表示されるので、任意の端末を選択し、Nextをクリックします。
今回はPixel 5にします。

スクリーンショット 2022-03-28 1.08.14.png

次に、エミュレータで利用するAndroidのバージョンを選択する画面が表示されるので、任意のバージョンを選択します。
今回はS(Android 12)にします。選択できないよ〜という場合は、Downloadをクリックしてから、再度バージョンを選択します。

スクリーンショット 2022-03-28 1.12.39.png

次に、エミュレータの名前などを入力する画面が表示されますが、ここはひとまず何もせずFinishしちゃって大丈夫です。
ここまで終わると、Android Studioからエミュレータを利用できるようになります。やったぜ。

スクリーンショット 2022-03-28 1.16.04.png

お手持ちの端末を利用する場合の設定

まず、端末の「設定」アプリから「デバイス情報」ページを開きます。
「デバイス情報」ページに表示されている「ビルド番号」を7回程連続タップすると、開発者向けオプションが有効になります。

Screenshot_20220328-012434.png

次に、「設定」アプリのトップ→「システム」から「開発者向けオプション」ページに移動します。
「開発者向けオプション」ページを開いた後、「USBデバッグ」をONにします。

Screenshot_20220328-192624.png

Android 11以降では、Wi-Fiデバッグという便利機能が利用できるようになっているので、そちらを使っても大丈夫です。
https://zenn.dev/ik11235/articles/android-wireless-debug

端末と開発用PCを接続し、Android Studioの上部に、接続した端末が表示されていれば準備完了です🎉

スクリーンショット 2022-03-28 19.33.12.png

動かしてみる

ここまで出来たら、一旦アプリを動かしてみましょう。
端末の設定完了後、Android Studioの上部にある再生ボタンみたいなのをクリックします。

スクリーンショット 2022-03-28 19.42.02.png

そうすると、「Hello World!」と表示されたアプリが起動します。うおおおお

Screenshot_20220328_194410.png

次のパートからは、このアプリをガシガシ開発していきます。

31
24
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
31
24