Edited at

Python環境セットアップ

More than 3 years have passed since last update.


0.はじめに

以下の説明基本的にMac環境ですが、そうでなくてもできるように書き直してみた(2016.02.26)。anyenvを使って、Python管理をしてみた。


前準備

git や ruby(普通はインストールされている; Homebrewが動か無い) が必要です。

# Macの場合

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
$ brew install git ruby

# Ubuntu
$ su
$ apt-get update && apt-get upgrade # もちろん、aptitudeでも良い。
$ apt-get install git ruby


1.anyenvインストール


  • anyenvをインストールする。

  • 環境変数(path)の設定をする。


1.1.参考にしたページ


1.2.手順

$ git clone https://github.com/riywo/anyenv ~/.anyenv

$ echo 'export PATH="$HOME/.anyenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'eval "$(anyenv init -)"' >> ~/.bash_profile
$ source .bash_profile
$ exec $SHELL -l


2.pyenvインストール


  • pyenvをインストールする

  • minicondaをインストールする


    • miniconda3-..*でなく、miniconda-3.3.3を入れる。

    • 3無し(-3.3.3)は、Python2.7.9。(別にver.3が嫌いな訳ではない)



  • 各種モジュールをインストールする。


    • ipython

    • dateutil

    • 数値計算系 / numpy, scipy, sympy

    • グラフ描画 / matplotlib

    • 天文系 / ephem, astropy

    • その他 / tornado




2.1.参考にしたページ


2.2.手順

$ anyenv install pyenv

$ pyenv install --list
#-> インストール出来るpythonバージョンの確認
$ pyenv install miniconda-*.*.*
$ pyenv global miniconda-*.*.*
$ pyenv rehash
$ python --version

$ conda install ipython numpy matplotlib scipy
$ pip install ephem astropy pyfits tornado
#-> ここは"pip install"でも出来る。


3. rbenvのインストール

rubyのとあるtoolを使いたかったので、入れてみた。


3.1.手順

$ anyenv install rbenv

$ exec $SHELL -l
$ rbenv install -l
# -> 2.2.0-rc1

$ rbenv install 2.2.0-rc1
$ rbenv global 2.2.0-rc1
$ exec $SHELL -l


4.その他


インポートディレクトリの変更

import sys

sys.path.append('/path/to/dir')


まとめ


確認環境


Python


  • MacOSX 10.10.1 _ '15/04/30


    • 基本問題がないが、一部でバグあり。


      • Tkinterを起動する際に、アラートが出る。

      • minicondaのpy2.7.9でなく、通常の2.7.9だと症状はでない。





  • MacOSX 10.8.4


    • 上記全て確認。



  • Ubuntu 12.4.0


    • 上記全て確認。



  • RasberryPi Wheezy(3.12.28)


    • python2.7.6 インストール / 2015.06.01




Ruby


  • MacOSX 10.8.4


    - 上記全て確認。