search
LoginSignup
1

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

Organization

CentOS8にJavaをインストールする

本ページではCentOSにJavaをインストールする手順についてまとめていきます。
yumでインストールしました。

前提条件

ホストOS:Windows10
ゲストOS:CentOS8
今回インストール:Java8 JRE,JDK
以下JREをインストールする手順も含んでいますが、JDKにJREが含まれているので、必要ありません。

インストール手順

yumリポジトリ対象パッケージ検索(確認)

yum search java-1.8.0-openjdk

実行結果
image.png
メタデータを取得しているのでしょうか…?必要そうな手順です。(飛ばしてもできそう)

Java8 JDK開発環境インストール

sudo yum install java-1.8.0-openjdk-devel

こちらも上記同様に、
「これでよろしいですか?(y/N)」と聞かれるので、yで進めます。
「完了しました!」と表示されれば成功です。

確認

インストールが完了しているかはバージョンが1.8になっているかで確認できます。

java -version

image.png

所感

yumでのインストールは表示に圧倒されるところは少しあるものの、かなり簡単そうでした。

他の方法、rpmファイルからインストール、バイナリファイルから、というのもあるそうです。

alternativesコマンド

alternativesというのを時々目にしました。
バージョンの違うプログラムを複数扱いたい場合に、それぞれ別名を付けておくコマンドのようです。
プロジェクトごとや同じ環境でバージョンを切り替えたい場合に使用するそうです。

JREとJDKの違い

JRE:Java Runtime Environment Javaアプリケーションを実行するためだけに必要だった
JDK:Java Development Kit おなじみJavaの開発をするなら絶対必要、JREも含んでいる

Java開発はプログラムを
コンパイル→実行
JREはコンパイルできないが実行はできる、
JDKはコンパイルも実行もできる
→JDKのみでOK

Java8 JRE実行環境インストール
sudo yum install java-1.8.0-openjdk
いろいろサイズ等表示され、
「これでよろしいですか?(y/N)」と聞かれるので、yで進めます。
「完了しました!」と表示されれば成功です。

参考文献

CentOS 7 に Java 8 (OpenJDK) を yum インストールする手順

大変参考にさせていただきました。CentOS7でも8でもほとんど違いは無さそうです。
https://weblabo.oscasierra.net/installing-openjdk8-on-centos7/

CentOS7へのOpenJDKインストールあれこれ

前述所感の項目で述べた、今回のyumインストールとその他の方法も大変参考になりそうです。
https://qiita.com/yuuman/items/a9e89d7d4899cbdaed44

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
1