Edited at

Sensu - multiple RabbitMQ brokers

More than 3 years have passed since last update.


概要

Sensu v0.15 でマージされた multiple RabbitMQ broker 機能について。

これを利用すると、複数の RabbitMQ を Transport に設定できる。

接続時には、そのうちの1つがランダムに選ばれる。

接続先に失敗したり切断された場合は、それを除いたリストから再接続が行われる。

全て失敗する場合は、改めてランダムに全部試しに行く。


設定

/etc/sensu/conf.d/rabbitmq.json などで rabbitmq の接続設定を配列で記述。

{

"rabbitmq": [
{
"port": 5671,
"vhost": "/sensu",
"user": "sensu",
"password": "password",
"ssl": {
"cert_chain_file": "/etc/sensu/ssl/cert.pem",
"private_key_file": "/etc/sensu/ssl/key.pem"
},
"host": "192.168.0.101"
},
{
"port": 5671,
"vhost": "/sensu",
"user": "sensu",
"password": "password",
"ssl": {
"cert_chain_file": "/etc/sensu/ssl/cert.pem",
"private_key_file": "/etc/sensu/ssl/key.pem"
},
"host": "192.168.0.102"
}
]
}


その他

接続設定を従来通りオブジェクトで書いてあっても内部のロジックで配列になるので、バージョンアップ時に注意する必要は無い

This change is backwards compatible and continues to support string configuration.