vmware
ESXi
VMware_ESXi

VMWare ESXi6.5とCatalyst3750をTrunk接続する際の設定方法

VMWare ESXi6.5とCatalyst3750をTrunk接続する際の設定方法

概要

NICが一つだけのPCにESXi6.5をインストールし、ゲストOSには異なるVLAN(ポートグループ)のネットワークアダプタを2枚搭載する。
複数のVLANでの接続を実現するため対向のCatalystスイッチとTrunkで接続する。
今回は対向スイッチにCatalyst3750を用いた。
また今回ゲストOSには以下のネットワークが割り当てられるが、
 ・192.168.3.0/24
 ・192.168.4.0/24
デフォルトゲートウェイは192.168.3.0/24にのみ設定されるが、192.168.3.0/24と通信できないネットワーク上にあるPCがゲストOSに接続するため、192.168.4.0/24経由で通信させるため踏み台PCを用意する。
(192.168.4.0/24にはデフォルトゲートウェイが設定できないため、192.168.3.0/24, 192.168.4.0/24以外のネットワーク上にあるPCがゲストOSに接続するには192.168.4.0/24上に踏み台となるPCを別に配置する必要がある)

Trunk処理について

今回の構成ではESXiのTrunk処理方法はVST Modeである。
VST ModeではvSwitchがタグの着け外しを自動的に行ってくれるため、Catalyst側のTrunk設定のみ行えば
ESXi側はVLAN IDの設定のみ行えばよい。

構成

ESXi本体、操作用PC、ゲストOS、ゲストOSへ接続する踏み台PCのネットワーク設定は以下の通り。

Name IP Netmask Default gateway DNS
ESXi 192.168.1.250 255.255.255.0 - -
操作用PC 192.168.1.10 255.255.255.0 - -
ゲストOS NIC1 192.168.4.247 255.255.255.0 - -
ゲストOS NIC2 192.168.3.247 255.255.255.0 192.168.3.1 192.168.3.1
踏み台用PC 192.168.4.10 255.255.255.0 192.168.4.1 (適宜DNSのIP)

VLAN(ポートグループ)は以下の通り。

Name VLAN ID
Management Network 10
VM Network 30
VM Network 20

※VM Networkの順番とVLAN IDの順番は都合上逆にしている。

手順

  1. Catalyst3750にVLAN10, 20, 30を作成

    (config)vlan 10
    (config-vlan)vlan 20
    (config-vlan)vlan 30
    
  2. 検証としてVLANインターフェイスを作成

    (config)interface vlan 10
    (config-if)ip address 192.168.1.1 255.255.255.0
    (config-if)no shut
    (config-if)interface vlan 20
    (config-if)ip address 192.168.4.1 255.255.255.0
    (config-if)no shut
    (config-if)interface vlan 30
    (config-if)ip address 192.168.3.1 255.255.255.0
    (config-if)no shut
    
  3. 操作用PCとESXiを通信させるため一時的にアクセスポートを設定
    FastEthernet1/0/1と1/0/2に以下を設定しそれぞれ接続

    (config)interface range fastethernet1/0/1-2
    (config-if)switchport mode access
    (config-if)switchport access vlan 10
    (config-if)no shut
    
  4. ESXiの設定完了後に接続するポートとしてfe1/0/23にTrunkを設定

    (config)interface FastEthernet1/0/23
    (config-if)switchport mode trunk
    (config-if)switchport trunk allowed vlan 1,10,20,30
    (config-if)switchport nonegotiate
    (config-if)switchport trunk encapsulation dot1q    (※不要かもしれない / Catalyst2960には設定不可)
    (config-if)no cdp enable    (※不要かもしれない)
    (config-if)spanning-tree portfast trunk    (※不要かもしれない)
    
  5. ESXiをインストール、IDとパスワードを設定
     

  6. ESXiにIP 192.168.1.250/24 を設定
     

  7. PCにIP 192.168.1.10/24 を設定
     

  8. PCからESXiのWebUIに接続
     

  9. Management Network のVLAN ID を0から10に変更
     

  10. ESXiをCatalystのfe1/0/23に接続し、TrunkリンクでPCとESXiが通信できるか確認
     

  11. ESXiにVM Network2を作成し、VM NetworkをVLAN30、VM Network2をVLAN20に設定
     

  12. ゲストがインストールできたらそれぞれ対応するIPを設定