Edited at

PyCharmテストファースト


Test first for Python on PyCharm


set up for test runner


  • テストフレームワークは既定でunittestが選択される。

  • unittestはPython標準ライブラリに含まれるJunitライクなテストフレームワークです。

  • setup_testing1.png


create test


  1. テスト対象スクリプト(例:class CommonHeader) のエディタ画面で右クリックし、「Go To/Test」を選択

    setup_testing2.png


  2. 「Create New Test...」を実行

    setup_testing3.png


  3. テストスクリプト、テストメソッドを設定する。

    setup_testing4.png


  4. テストスクリプト(test_commonHeader.py)にテストスケルトンが生成される。

    test_template.png



create test code


  • 参考:unittest

  • テストコードのポイント


    • PyCharmの「Create New Test...」による自動生成では対象メソッド、対象クラスにつき1テストファイルが生成される。

    • 文末に添付するように、1スクリプトについて1テストファイルに纏めたほうが都合がいい。

    • junitでできることは大抵可能。