Help us understand the problem. What is going on with this article?

MySQLの文字コードとCollation

More than 3 years have passed since last update.

散々、書かれていることで、何度もでてくる話なので、自分用にまとめ。

文字コード

まずMySQLの文字コードですが絵文字のみでなく、JIS X 0213の第3・4水準漢字の
一部にUTF8 4バイト文字があり(まぁまず使われないと思いますが)、
MySQLの文字コードはこれからはutf8mb4一択のようです。
charsetは、サーバ、クライアント、サーバー/クライアント感の接続、データベース、、テーブル、カラムで個別に指定でき、
問題を起こさないようにするには、すべて揃えたほうが無難であります。

character_set_server=utf8mb4
character_set_client=utf8mb4
character_set_connection=utf8mb4
character_set_database=utf8mb4
character_set_results=utf8mb4

参考:
https://www.slideshare.net/tmtm/mysql-62004569

Collation

で、問題のCollationですが、utf8mb4で指定できるCollationは

utf8mb4_general_ci
utf8mb4_unicode_ci
utf8mb4_unicode_520_ci
utf8mb4_bin

の4種類がCollationの候補ですが、

utf8mb4_general_ci
A = a 区別しない
:sushi: = :beer: 区別しない
は≠ぱ≠ば 区別する

utf8mb4_unicode_ci
A = a 区別しない
:sushi: = :beer: 区別しない
は=ぱ=ば 区別しない

utf8mb4_unicode_520_ci
A = a 区別しない
:sushi::beer: 区別する
は=ぱ=ば 区別しない

utf8mb4_bin
A ≠ a 区別する
:sushi::beer: 区別する
は≠ぱ≠ば 区別する

区別するしないはwhere句やJoin、ソート順で影響がでます。
要件によると思うのですが、utf8mb4_general_ciかutf8mb4_binが選択肢として候補になり、制約条件付きで提案してどちらかでOKをもらう(誰に)

tfunato
メインはJavaですが、最近はPHPを書いていましたが、 次にNode.jsを書いていましたが、 次にScalaを書いていましたが、 YAMLとMarkDown書いていましたが、 Golangを書いています。
yumemi
みんなが知ってるあのサービス、実はゆめみが作ってます。スマホアプリ/Webサービスの企画・UX/UI設計、開発運用。Swift, Kotlin, PHP, Vue.js, React.js, Node.js, AWS等エンジニア・クリエイターの会社です。東京(三軒茶屋)/京都(四条烏丸)/札幌/大阪/福岡に展開中!Twitterで情報配信中https://twitter.com/yumemiinc
http://www.yumemi.co.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした