Edited at

Ubuntu Linux 18.04.1 再インストール手順


TL;DR(要約)


  • Ubuntu Linux 18.04.1 を再インストールする手順を記載する。実施した条件は以下となる。


    • 既存データはすべて削除

    • 仮想環境(vSPhere)

    • Ubuntu 18.04 LTS 日本語 Remix



  • ファイアウォールについての設定は未記載なので注意すること。


参考

https://pid123.blogspot.com/2018/02/Proxy-Ubuntu16.04LTS.html

https://www.hiroom2.com/2018/05/07/ubuntu-1804-xrdp-lxde-ja/


手順


デスクトップ表示まで

流れとしては、以下の記事を参考にしています。

https://qiita.com/fxst24/items/afee726cf27e2f9a4521


Ubuntuのダウンロード



  1. 以下のアドレスをクリックする。

    https://www.ubuntulinux.jp/News/ubuntu1804-ja-remix



  2. 「Download Ubuntu Desktop」で「Download」ボタンをクリックする。


  3. 「ubuntu-ja-16.04-desktop-amd64.iso を開く」で「ファイルを保存する」を選択する。


  4. 「OK」ボタンをクリックする。



起動デバイスの優先順位の変更

https://qiita.com/fxst24/items/afee726cf27e2f9a4521


DVDドライブが起動デバイスの優先順位で1位ではない場合、BIOSで1位に変更する。そうしないと、PCに別のOSがインストールされている場合、そのOSが起動してUbuntuをインストールすることができない。



  1. vsphereで「次回仮想マシンの起動時に強制的にBIOSセットアップ画面に入る」を有効にする


  2. ISOイメージをマウントしてから、BIOSでSave And Exit



Ubuntuの再インストール


  1. 「Welcome」で「日本語」を選択する

  2. 「最小のインストール」を選択、「Ubuntu のインストール中にアップデートをダウンロードする」はチェックなしで次へ進む

  3. 「インストールの準備」で既存のインストールをどうするか聞かれるので、「ディスクを削除してUbuntuをインストール」を選択

  4. 「ディスクに変更を書き込みますか?」の確認画面で、「続ける」を選択

  5. どこに住んでいますか?」で「Tokyo」と入力されているのを確認する。

  6. 「続ける」ボタンをクリックする。

  7. キーボードレイアウト」で両方とも「日本語」が選択されているのを確認し、「続ける」ボタンをクリックする。

  8. 「あなたの情報を入力して下さい」で「あなたの名前」、マシン名、パスワードをパスワードを入力する。「ログイン時にパスワードを要求する」が選択されているのを確認する。「続ける」ボタンをクリックする。

  9. 「インストールが完了しました」で「今すぐ再起動する」ボタンをクリックする。

  10. 先にCDが認識されるので、ディスクを切断して、Enterキーを押して再起動


環境の設定


1. ログイン

画面でパスワードを入力して「Enter」キーを押す。


2. IPアドレス, DNSを設定

右上 - 歯車 - ネットワーク - 有線 - IPV4


3. プロキシを設定

右上 - 歯車 - ネットワーク - プロキシ

proxy server:port HTTP,HTTPS,FTP

以下のファイルにプロキシを書き込み

sudo nano /etc/apt/apt.conf


/etc/apt/apt.conf

Acquire::http::Proxy "http://proxy server:port";

Acquire::https::Proxy "http://proxy server:port";


3.1 snapでのプロキシ設定

プロキシの設定を開始

sudo systemctl edit snapd.service

以下記述

[Service]

Environment=http_proxy=http://proxy server:port
Environment=https_proxy=http://proxy server:port

デーモンの設定をリロードしてサービスを再起動

sudo systemctl daemon-reload

sudo systemctl restart snapd.service


3.2 wgetでのプロキシ設定

sudo nano /etc/wgetrc 


/etc/wgetrc

http_proxy=http://proxy server:port/

https_proxy=http://proxy server:port/
ftp_proxy=http://proxy server:port/


4. フォルダ名を英語に変更

変更するなら、最初に行っていたほうが良い。

ターミナルで以下を実行し、ダイアログでdon't ask me againを選択して、実行

LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

再起動

reboot


5. apt更新

sudo apt update

sudo apt upgrade -y
reboot


6. SSHを設定

sudo apt install -y ssh

sudo systemctl start ssh
sudo systemctl enable ssh


7. リモートの設定

LXDEデスクトップ環境のインストール

sudo apt install -y lubuntu-desktop

以下の確認では、2を選択

check for a default display manager.

1. gdm3 2. lightdm
Default display manager: lightdm

再起動

sudo reboot

XRDPのインストール

sudo apt install -y xrdp

sudo sed -e 's/^new_cursors=true/new_cursors=false/g' \
-i /etc/xrdp/xrdp.ini
sudo systemctl enable xrdp
sudo systemctl restart xrdp

~/.xsessionの作成

echo "lxsession -s Lubuntu -e LXDE" > ~/.xsession

XRDPでlight-lockerの無効化

sudo cp /usr/bin/light-locker /usr/bin/light-locker.orig

cat <<EOF | sudo tee /usr/bin/light-locker
#!/bin/sh

# The light-locker uses XDG_SESSION_PATH provided by lightdm.
if [ ! -z "\${XDG_SESSION_PATH}" ]; then
/usr/bin/light-locker.orig
else
# Disable light-locker in XRDP.
true
fi
EOF

sudo chmod a+x /usr/bin/light-locker

再起動

sudo reboot