Help us understand the problem. What is going on with this article?

Djangoを始めよう! 〜チュートリアル⑥〜

More than 3 years have passed since last update.

概要

前回の続きです。

全5回に渡って、DjangoでのWebアプリケーションの作成について解説してきましたが、今回が最終章です。

最終章は、静的ファイルの取り扱いについて解説したいと思います。

静的ファイルの名称

Djangoでは、静的ファイルのことを static と名付けています。
(他のフレームワークだと,publicとかwwwとかもある。)

静的ファイルの配置場所

templatesファイルを配置する時と同じで、少し違和感のある配置場所になります。

最初に、 polls ディレクトリの中に、 static ディレクトリを作成します。Django はそこから静的ファイルを探します。Django が polls/templates/ からテンプレートを探す方法と同様です。

故に配置場所は、polls/static/polls/静的ファイルとなります。

スタイルの作成

実際に静的ファイルが反映されるかをCSSを書いて確認してみましょう。

polls/static/polls/style.css
li a {
    color: green;
}

次に、テンプレートファイルを修正します。

polls/templates/polls/index.html
{% load static %}

<link rel="stylesheet" type="text/css" href="{% static 'polls/style.css' %}" />

{% if latest_question_list %}
    <ul>
        {% for question in latest_question_list %}
            <li><a href="{% url 'polls:detail' question.id %}">{{question.question_text}}</a></li>
        {% endfor %}
    </ul>
{% else %}
    <p>No polls are available.</p>
{% endif %}

やっている事は単純で、まずstaticテンプレートタグをloadします。
{% static %} テンプレートタグは、静的ファイルの完全 URL を生成します。

ここまでできたらサーバを起動して確認します。

localhost_8000_polls_.png

style.cssが反映されて、文字が緑になっています。

まとめ

全6回でDjangoのチュートリアルの解説を行なってきました。
Pythonのイメージは、機械学習やIoTやデータ解析など数学の分野で強そうなイメージでしたが、しっかりWebアプリを作成できる事が分かりました。

何か機会があれば、案件でも使ってみたいと思います。

GitHub

シリーズ

tfrcm
React / ReactNative / Go / TypeScript / AWS / Docker / k8s
https://gemcook.com
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした