Edited at

WebRTC Native Client Momo をビルドしてみた

(追記:20190817)

この記事はすでに古いです。以下のページを見て試して下さい。

https://github.com/shiguredo/momo/blob/develop/doc/BUILD_LINUX.md

(追記ここまで)

https://github.com/shiguredo/momo/blob/develop/BUILD.md

を見ながらやってみた。


ソースコードの入手

git clone --recursive git@github.com:shiguredo/momo.git

githubにssh keyを登録していないとpermission deniedになる。

以下のようにすればOK

git clone --recursive https://github.com/shiguredo/momo.git


docker のインストール

ubuntu 18.04 では以下のようにインストールできる。

sudo apt install docker.io

自分のユーザ (この場合はkoba) を dockerのグループに追加する。

sudo adduser koba docker

有効にするために、一度ログアウトして再度ログインする。

インストールできたdockerのバージョンは以下の通り。

$ docker version

Client:
Version: 17.12.1-ce
API version: 1.35
Go version: go1.10.1
Git commit: 7390fc6
Built: Wed Apr 18 01:23:11 2018
OS/Arch: linux/amd64

Server:
Engine:
Version: 17.12.1-ce
API version: 1.35 (minimum version 1.12)
Go version: go1.10.1
Git commit: 7390fc6
Built: Wed Feb 28 17:46:05 2018
OS/Arch: linux/amd64
Experimental: false


ビルド

cd momo/build/

nohup make armv6 &
tail -f nohup.out

できたファイルはこれ。

$ ls -l momo-armv6-m70-20181011152123 

-rwxr-xr-x 1 koba koba 49975560 Oct 11 15:59 momo-armv6-m70-20181011152123
$ file momo-armv6-m70-20181011152123
momo-armv6-m70-20181011152123: ELF 32-bit LSB executable, ARM, EABI5 version 1 (SYSV), dynamically linked, interpreter /lib/ld-linux-armhf.so.3, for GNU/Linux 3.2.0, with debug_info, not stripped