Help us understand the problem. What is going on with this article?

TENKitとIFTTTの連携(LINE編)

本記事は、TENKit の応用的な利用について説明いたします。
事前に基礎編「 TENKitとGoogleスプレッドシートの連携(簡単記録編)」をご確認いただきますようお願いします。

TENKit (テンキット)は「テンキー」を「IoT」化するキットです。
TENKit では、テンキーで入力された「数字」と、Googleスプレッドシートなどクラウド上のサービスを簡単に結びつけることができます。

ここでは、TENKit の応用的な利用として、IFTTTと連携する方法について説明します。
具体的には、テンキーからの入力を、IFTTTを通じてLINEに送信する方法について記載します。
スクリーンショット 2019-09-11 15.56.13.png
本手順をマスターすると、IFTTTに登録されている多種多様なサービスとTENKit を組み合わせて利用することができるようになります。

設定前の準備

IFTTTとの連携を設定する前に、以下の項目を確認してください。

1. 基礎編をマスター

事前に基礎編「 TENKitとGoogleスプレッドシートの連携(簡単記録編)」をご確認いただき、TENKitの基本的な利用方法についてマスターしていただくようお願いします。

2. IFTTTのアカウントを作成

IFTTTのアカウントを取得されていない方は、事前に IFTTT にアクセスし、アカウントを作成してください。
スクリーンショット 2019-09-11 16.02.48.png
「Continue with Google」より、Googleアカウントを用いてサインアップする方法が簡単でおすすめです。

連携の設定

IFTTTでは、「〇〇した時」に「〇〇する」という形で設定を行います。
ここでは「(TENKitから)HTTPリクエストを受信した時」に「LINEを送信する」という形でIFTTTの設定を行います。

その後、IFTTTで生成されたWebhook URLをTENKitに登録し、TENKitからHTTPリクエストが送信されるよう設定します。

IFTTTの設定

まず最初に、IFTTTにログインし、利用したいサービスを検索します。
上部メニューの「Search」をクリックし、興味のあるサービスを探します。
今回はHTTPリクエストを受信する「Webhooks」サービスと、LINEにメッセージ送信する「LINE」サービスを利用します。

Webhooksサービス

上部メニューの「Search」より「webhook」を検索します。
検索結果には「Connections」と「Services」というタブがあるので、「Services」の方を選択します。
スクリーンショット 2019-09-11 16.18.05.png
表示されている「Webhooks」をクリックするとWebhooksサービスのページに移動するので、ここで「Connect」ボタンをクリックします。
これでWebhooksサービスが利用できるようになります。
スクリーンショット 2019-09-11 16.20.03.png

Lineサービス

同様に「Line」を検索して、LINEサービスに遷移し、「Connect」ボタンをクリックします。
スクリーンショット 2019-09-11 16.23.17.png
Lineのログイン画面に遷移しますので、お使いのLineアカウントを入力してログインボタンを押します。
スクリーンショット 2019-09-11 16.24.01.png
承認画面が表示されるので「同意して連携する」ボタンをクリックします。

これによりお使いのLineアカウントに「LINE Notify」という公式アカウントが追加されます。
IFTTTから送信されるLineメッセージは、この「LINE Notify」を通じて受信します。

アプレットの作成

アプレットを作成し、「HTTPリクエストを受信した時」に「LINEを送信する」という動作を実現します。

右上のメニューボタンをクリックし、「Create」を選択します。
スクリーンショット 2019-09-11 16.32.10.png
「〇〇した時」をThis、「〇〇する」をThatに設定します。
まず「This」を選択して、「HTTPリクエストを受信した時」を設定します。
スクリーンショット 2019-09-11 16.33.30.png
サービスの選択画面が表示されるので「webhook」を検索し、Webhooksサービスを選択します。
スクリーンショット 2019-09-11 16.36.05.png
Webhooksサービスのトリガーとして「Receive a web request」を選択します。
これが「HTTPリクエストを受信した時」にあたります。
スクリーンショット 2019-09-11 19.16.10.png
イベント名に「tenkit」を設定し「Create Trigger」ボタンを押します。
イベント名は、IFTTT(Webhooksサービス)で生成されるWebhook URLに関連するので覚えといてください。
スクリーンショット 2019-09-11 19.18.27.png
これで、「This」にあたるWebhooksサービスの設定が完了しました。
次に、「That」を選択して「LINEを送信する」を設定します。
スクリーンショット 2019-09-11 19.21.10.png
サービスの選択画面が表示されるので「Line」を検索し、LINEサービスを選択します。
スクリーンショット 2019-09-11 19.22.35.png
LINEサービスのアクションとして「Send message」を選択します。
これが「LINEを送信する」にあたります。
スクリーンショット 2019-09-11 19.28.44.png
最後に、以下のように各欄を設定して「Create action」ボタンをクリックします。

「Recipient」はLineの送信先を表しており、下記では「LINE Notify」を設定しています。
他にもLineのグループを指定することができます。

「Message」は送信されるLineメッセージを表しており、下記では「Value1」を設定しています。
TENKitでは、「Value1」にテンキーの入力値、「Value2」に入力した時刻を格納しています。
そのため、下記ではテンキーの入力値を、そのままLineに送信することを示しています。
スクリーンショット 2019-09-11 19.31.32.png
最後に「Finish」ボタンを押して設定を完了します。

Webhook URLの登録

TENKitに、IFTTT(Webhooksサービス)のWebhook URLを登録します。
イベント名に「tenkit」を設定したことを思い出してください。

IFTTTの上部メニューの「Search」より「webhook」を再度検索し、「Webhooksサービス」にアクセスします。
スクリーンショット 2019-09-11 19.47.23.png
右上の「Documentation」ボタンをクリックすると、下記のように「Key」と「Webhook URL」が表示されます。
スクリーンショット 2019-09-11 19.48.24.png
「Webhook URL」内の「{event}」はイベント名を表し、ここを「tenkit」に置き換えます。
「Key」を「ABCDEFGHIJKLMN123456789」とした場合、Webhook URLは最終的に次のようになります。
「ABCDEFGHIJKLMN123456789」部分を置き換えてご利用ください。

https://maker.ifttt.com/trigger/tenkit/with/key/ABCDEFGHIJKLMN123456789

最後に、このWebhook URLを以下専用の設定ページで登録します。
スクリーンショット 2019-09-10 17.45.55.png
TENKitに接続されたテンキーを入力し、Lineにメッセージが送信されれば成功です。

最後に

本手順では、TENKit の応用的な利用として、Line送信を例にIFTTTと連携する方法について説明しました。
これにより、TENKit をIFTTTに登録されている多種多様なサービスと連携して利用することが可能になります。

どのように利用するはかアイデア次第です。面白い使い方を是非発見してください。

tetotetote
てとてとて合同会社です。よろしくお願いします。
http://teto.tech/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした