Edited at

TENKitの入力を平仮名に変換(ポケベルモード)

本記事は、TENKit の応用的な利用について説明いたします。

事前に基礎編「 TENKitとGoogleスプレッドシートの連携(簡単記録編)」をご確認いただきますようお願いします。

TENKit (テンキット)は「テンキー」を「IoT」化するキットです。

TENKit では、テンキーで入力された「数字」と、Googleスプレッドシートなどクラウド上のサービスを簡単に結びつけることができます。

ここでは、TENKit の応用的な利用として、入力された「数字」を「平仮名」に変換する方法について説明します。

「平仮名」への変換は、昔の「ポケベル」と同じやり方ですので、「ポケベルモード」と呼びます。


平仮名への変換(ポケベルモード)

入力の最初に「 *2*2 」と入力してください。これによりポケベルモードに切り替わります。

その後、以下の変換表に基づき、行を1文字目、列を2文字目として、平仮名に対応する数字を入力してください。

( 例:12 → い 、43 → つ 、2104 → が 、96 → 1 )

1
2
3
4
5
6
7
8
9
0

1





A
B
C
D
E

2





F
G
H
I
J

3





K
L
M
N
O

4





P
Q
R
S
T

5





U
V
W
X
Y

6





Z
?
!

/

7





¥
&

8

(

)

*
#

9





1
2
3
4
5

0





6
7
8
9
0


利用上の注意点

無線タイプのテンキーをご利用の際、数字の入力は1文字ずつ確実に行ってください。

無線タイプのテンキーでは、ドライバー仕様により、入力を一定時間バッファーに溜めてから本体に送信されます。

ここで、高速で連続入力し、一定時間内の入力がバッファーの容量を超えた場合、以降の入力をうまく認識できなくなります。

ご迷惑をおかけしますが、ご了承の上、ご注意してご利用ください。