Help us understand the problem. What is going on with this article?

VSCodeでREADME.mdに絵文字を使うと開くときに文字化けするので毎回イライラしてたけど、設定を見直せば大丈夫だった件

vscodeでマークダウンの中に絵文字を使いたかった

自分用のgitコメントの絵文字プレフィックスを整理したこともあり、README.mdに書いておきたかったので、README.md(マークダウンファイル)に絵文字を入れていた。。

もともと、コメントのプレフィックスを使うのにREADME.mdに書いてた。文字プレフィックスだったので問題にならなかった。
今回、絵文字プレフィックス使ってみようかな、って思って、1,2個のリポジトリで使ってみてたときにこの問題が起こった。

絵文字を入れると毎回文字化け(エンコードが変わる)ので、毎回右下のエンコードを押して「エンコード付きで再度開く」をしてたけど、面倒になったので、一時期は絵文字を削除してコミットしてみたりしてた。
でも、自分用のプレフィックスを整理してみたし、せっかくなので絵文字を入れておきたいと思ったのでちゃんと設定を調べてみた。
(とかって大層にまえがきを書くほどのことは書いてないのであしからず_(:3」∠) _

困った件

絵文字を使うと勝手にUTF-8じゃないやつで推測しやがる。
(日本語が1箇所だけの場合もこうなることがあるのは知ってる)

解決方法

設定で、エンコードを推測しないにしておけばおけ。

"files.autoGuessEncoding": false,

これを入れればOK。

GUIの設定画面から行く場合は

ファイル→基本設定→設定 で設定画面を開いたのち

検索に「エンコード」と入れると

Files: Auto Guess Encoding
✔ 有効な場合、ファイルを開くときに文字セットエンコードをエディターが推測します。言語ごとに構成することも可能です。

というのが出てくる。

image.png
↑ エンコードと入れたときの画面。

このチェックを外せばOK。

マークダウンファイルに限る場合は

設定に入れる必要がある。

  "[markdown]": {
    "files.autoGuessEncoding": false,
  },

GUIの設定画面は無理ぽ。たぶん。

おわりに

絵文字楽しいキラキラしててかわいい🌟 にゅーぶる会のところを使ってりんごバージョン作ったので今度また書きます。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away