Edited at

Ruby on Rails で簡単な infoScoop ガジェットを作ってみる

More than 3 years have passed since last update.

Ruby on Rails で簡単な infoScoop ガジェットを作ってみました


作ってみたもの


IOCJ 加盟団体一覧ガジェット


概要

IOCJ 加盟団体一覧のサイトから加盟団体一覧をスクレイピングして表示するガジェットです。

スクリーンショット 2015-11-23 15.33.38.png


ガジェットURL

https://iocj-companies-gadget.herokuapp.com/gadget.xml


ソースコード

https://github.com/teppei-tosa/iocj_companies_gadget


Qiita の infoScoop タグがついた記事一覧を取得するガジェット


概要

Qiitaで infoScoop タグが付いている記事をとってくるガジェットです

単純にAPIの内容を表示しているだけです。

スクリーンショット 2015-11-23 16.04.41.png


ガジェットURL

https://qiita-infoscoop-entries-gadget.herokuapp.com/


ソースコード

https://github.com/teppei-tosa/qiita_infoscoop_entries_gadget


Ruby on Rails で infoScoop ガジェットを作る際の注意点

infoScoopガジェットは <Module/> タグから始まるXMLを返す WEB サービスとして作るのですが、infoScoop はガジェット側に対して何故かXMLとしてリクエストを飛ばしてくれないため、respond_to を使っていると、UnknownFormat となってしまいます。

なので、erbも、**.html.erb として、アクション側も html を返す処理として実装してあげる必要があります。

詳しくは上述のふたつのガジェットのソースを参照してください。