Help us understand the problem. What is going on with this article?

Redmineのチケットの変更をHubotを経由してチャットに通知する

More than 5 years have passed since last update.

Redmineのチケットの変更をHubotを経由してチャットアプリに通知する方法を紹介します。

SlackやHipChatを使っている人は直接 sciyoshi/redmine-slackhipchat/redmine_hipchatを使った方が簡単だと思います。

概要

RedmineにWebHookプラグインをインストールし、チケット更新時にHubotへPOSTするように設定します。Hubotはデータを受け取り、チャットアプリに更新情報を通知します。

notification-screenshot.png

Hubotの設定

HubotにRedmineのチケット更新通知用のスクリプトをインストールします。

$ cd myhubot
$ npm install --save hubot-redmine-notifier
$ vim external-scripts.json
external-scripts.json
["hubot-redmine-notifier"]

Redmineの設定

RedmineにWebHookプラグインをインストールします。

$ cd $RAILS_ROOT/plugins
$ git clone git://github.com/suer/redmine_webhook.git
$ bundle install --without development test
$ rake redmine:plugins:migrate RAILS_ENV=production

インストール後Redmineを再起動し、WebHookのURLを設定します。
設定するURLは http://<hubot-host>:<hubot-port>/hubot/redmine-notify?room=<room>です。

redmine-webhook-settings-screenshot.png

tenten0213
ここで発信する内容はあくまで私個人の意見であり、現在所属する会社の公式見解を示 すものではありませんし、全裸だからって通報しないでいただけると幸いです。
http://tenten0213.hatenablog.com/
forcas
『FORCAS(フォーカス)』は、データ分析に基づいて成約確度の高いアカウントを予測し、マーケティングと営業のリソースをそのターゲットアカウントに集中する最新マーケティング手法「Account Based Marketing (ABM) 」の実践を強力にサポートするマーケティングプラットフォームを開発・提供してます。
https://www.forcas.com/overview/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした