Edited at

Raspberry Pi に高精細IGZOパネルを繋げてみた。

More than 3 years have passed since last update.

2015年8月1,2日に東京ビックサイトで開催されたMaker Faire Tokyo 2015で、Raspberry Pi向け高精細IGZOパネルを購入しました。


Raspberry Pi用IGZOディスプレイパネル

7インチのWUXGA(1200×1920ピクセル)ディスプレイです。デフォルトでは縦長(Portrait)、設定によって横長(Landscape)に変更できます。

ただタブレット端末のようにon-the-flyで画面の縦横を変えられず、Raspbian起動時に読み込まれるconfig.txtファイルを書き換える必要があります。またEDIDによる自動判別に対応していません。

これのconfig.txtの書き換えが面倒なのでシェルスクリプトを書きました。


config.txtの編集

config.txtは /boot ディレクトリにあります。

まずオリジナルを複数コピーします。

$ cd /boot/

$ sudo cp config.txt config.txt.original
$ sudo cp config.txt config.txt.IGZO_0
$ sudo cp config.txt config.txt.IGZO_1
$ sudo cp sonfig.txt config.txt.IGZO_2
$ sudo cp sonfig.txt config.txt.IGZO_3

次に config.txt.IGZO_0config.txt.IGZO_3 に下記の記述を追加します。


config.txt.IGZO_0

hdmi_pixel_freq_limit=200000000

hdmi_timings=1200 0 164 8 32 1920 0 12 2 6 0 0 0 60 0 163430000 0
hdmi_drive=2
disable_overscam=1
max_framebuffer_width=1920
max_framebuffer_height=1920

# Portrate
display_rotate=0
framebuffer_width=1200
framebuffer_height=1920



config.txt.IGZO_1

hdmi_pixel_freq_limit=200000000

hdmi_timings=1200 0 164 8 32 1920 0 12 2 6 0 0 0 60 0 163430000 0
hdmi_drive=2
disable_overscam=1
max_framebuffer_width=1920
max_framebuffer_height=1920

# Landscape
display_rotate=1
framebuffer_width=1920
framebuffer_height=1200



config.txt.IGZO_2

hdmi_pixel_freq_limit=200000000

hdmi_timings=1200 0 164 8 32 1920 0 12 2 6 0 0 0 60 0 163430000 0
hdmi_drive=2
disable_overscam=1
max_framebuffer_width=1920
max_framebuffer_height=1920

# Portrate
display_rotate=2
framebuffer_width=1200
framebuffer_height=1920



config.txt.IGZO_3

hdmi_pixel_freq_limit=200000000

hdmi_timings=1200 0 164 8 32 1920 0 12 2 6 0 0 0 60 0 163430000 0
hdmi_drive=2
disable_overscam=1
max_framebuffer_width=1920
max_framebuffer_height=1920

# Landscape
display_rotate=3
framebuffer_width=1920
framebuffer_height=1200



シェルスクリプトの作成

ホームディレクトリに戻って次のシェルスクリプトを作成します。スクリプト名は IGZO.sh です。


IGZO.sh

#!/bin/bash

case $1 in
0) sudo cp /boot/config.txt.IGZO_0 /boot/config.txt;;
1) sudo cp /boot/config.txt.IGZO_1 /boot/config.txt;;
2) sudo cp /boot/config.txt.IGZO_2 /boot/config.txt;;
3) sudo cp /boot/config.txt.IGZO_3 /boot/config.txt;;
9) sudo cp /boot/config.txt.original /boot/config.txt;;
esac

case $2 in
"r" ) sudo reboot;;
"h" ) sudo halt;;
esac


次に実行権限を与えます。

$ chmod +x IGZO.sh


使い方

コマンド IGZO.sh の最初の引数(0,1,2,3,9)で config.txt を書き換え、2番目の引数(r,h)で再起動かシャットダウンかを選択します。

例1) ポートレート画面で再起動。

$ ./IGZO.sh 0 r

例2) 標準設定に戻してシャットダウン。

$ ./IZGO.sh 9 h