Help us understand the problem. What is going on with this article?

esa.io で、 Markdown を使ってスライドショーを作成し、外部公開する #esa_io

More than 3 years have passed since last update.

:baby_chick: esa.io で、 Markdown を使って :movie_camera: スライドショーを作成し、外部公開する #esa_io

:musical_score: 概要

:baby_chick: esa.io で、 Markdown を使って :movie_camera: スライドショーを作成し、外部公開します

:musical_note: esa.io のスライドショーについて

基本的な話はこちらのエントリにまとめてあります。

esa.io で、 Markdown を使ってスライドショーを作成し、内部公開する

:musical_note: 2015/01/13 外部公開機能の追加

2015/01/13 に、新機能として 記事およびスライドの外部公開設定が追加されました。

記事(スライド)の外部公開

:musical_note: 外部公開機能追加の経緯

esa.io 運営得意のツイートからの「やりましょう(暗黙)」駆動です。

早速外部公開機能を使ってみる

元ネタ

私が CodeIQ で出題している デスマコロシアム問題 の告知用スライドを esa.io に移転してみます。

現在, このスライドは reveal.js + GitHub Pages の構成で作成しています。

Markdown の移行

まずは、Markdown の記事を作成します。
前述の GitHub に公開していた、 Markdown は 1ページ 1 ファイルになっていましたが、
1つの Markdown へとマージします。
(少し情報をそぎ落として移行します)

結果、以下の様な記事になりました。

デスマコロシアム

public 公開の設定

  • Share Port ボタンを選択

slide_public1.png

  • ダイアログが表示されるので Create Share URL を選択します

slide_public2.png

slide_public3.png

:baby_chick: esa.io で :movie_camera: スライドを再生

デスマコロシアム スライド in esa.io

無事移行できました。

Reveal.js で保守していた頃は、

  • yo でプロジェクトのひな形生成
  • yo でページのひな形を生成
  • 各 Markdown のページを編集
  • grunt でプロジェクトのビルドを実行
  • GitHub にリポジトリを作成
  • GitHub にプロジェクトを push

という手順が必要だったのが、

  • esa.io で Markdown の記事を1つ作成して保存
  • Share Port ボタンで外部公開する

だけになりました。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした