tailコマンドでワイルドカードを使用する


コマンド

$ tail *.log


  • 拡張子が.logのファイルをtailコマンドで表示する


出力結果

$ tail *.log

==> 2019_fuga.log <==
aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa
bbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbb
ccccccccccccccccccccccccc
ddddddddddddddddddddddddd
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee

==> 2019_hoge.log <==
aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa
bbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbb
cccccccccccccccccccccccccccc
dddddddddddddddddddddddddddd
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee


  • 出力ファイルは、 ==> ファイル名 <== のように区切られて表示される



    • ==> ファイル名 <== の下に出力されたものが、そのファイルの中身




その他


  • catコマンドでも同様にワイルドカードを使用する事が可能

$ cat *.log

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa
bbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbb
ccccccccccccccccccccccccc
ddddddddddddddddddddddddd
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa
bbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbb
cccccccccccccccccccccccccccc
dddddddddddddddddddddddddddd
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee


参考