Edited at

TouchDesignerとMaxの線をちょっと比較をしてみる

More than 1 year has passed since last update.


ノードをつないでプログラムするソフト

最近でてきたTouchDesignerに興味がでてきたので、

Maxと比較してみようと思います。

(TDはこれからなので、Max話多めです、スミマセン)


線の違い


Maxの線

Maxでは、流れる内容によって線のタイプが違います。

プログラムでいうと型が違うのに似ていますが、もう少し決まりがあって、

3種類くらいある。(最近はGenとかさらに増えてる感じだが)


  • MIDIとかbangとかの流れるもの(イベントドリブン、ボタンを押したとか、metroのbangで駆動)

  • シグナル処理黄色しましま線

  • マトリクス(何毎ものプレーンを持った配列のようなもの)緑のしましま線

image.png


実行タイミングの違い


  • MIDIとかbangとかで動くものはすごく遅い

  • シグナル処理のはすごく早い

metroとかqmetroでリアルタイムに動いている風にアニメーションするけれど(フレームレベル)

シグナル処理はコマの数がやたら多い。(1秒間に44100回流れるもの)

シグナル処理と混在しているのがMaxらしさ。


線の進化

そしてこれらの線が入り乱れます。

都合の良いように、

inlet(オブジェクトの入力)に変換してくれるものもあれば、

自前で変換して入力してあげないといけないものがあります。

よくも悪くもMaxは歴史の長いソフト

その時代背景ごとに進化する時、
線を増やす拡張をしていった。

TouchDesignerは
これらの進化後に現れたので、
よく整理されていて入門しやすいと思われる。

ちなみに、PureDataという

Maxの兄弟アプリがあって、
Maxに似ているPureDataでは
線の進化(拡張)がなく、
PureDataは型の違いが
あんまり意識しなくて良いので
入門はPureDataの方が良いかも。
(型も気にしない 例:floatとintとか)

Maxはオブジェクトに繋がらなかったり、
エラーメッセージで、無理な接続だと気がつける。

image.png


TouchDesignerの線

TouchDesigner099では線ではなくOPの種類で異なる

image.png

とりあえず、箱の色が重要!

image.png

異なるOPをどうつなぐか



次回予定・・・ (ヒント chop to)

次回予告 

TDとMaxの箱をちょっと比較してみる
箱の違い
Maxでも
無印
後ろに~
頭にjit.
で区別してる

次回:TouchDesignerとMaxの箱をちょっと比較をしてみる