Edited at

Cygwin 上の zsh compinit の insecure directories 警告を抑止する

More than 1 year has passed since last update.


概要

Cygwin 上で zsh を使おうとすると

zsh compinit: insecure directories, run compaudit for list.

Ignore insecure directories and continue [y] or abort compinit [n]?

のような鬱陶しいメッセージが出ることがあるのでこれを抑止する。

(一応 Cygwin 環境以外にも適用できる方法のはず。)


解法

compaudit で表示されたディレクトリを chmod g-w する。ただし、グループが「なし」になっていると何も起こらないので事前に chgrp しておく(ここが Cygwin (Windows) 特有の問題)(ここではとりあえず Users グループを利用する)。

% compaudit

There are insecure directories:
/usr/share/zsh/site-functions
/usr/share/zsh/5.0.6/functions
/usr/share/zsh
/usr/share/zsh/5.0.6
% cd /usr/share/zsh
% chgrp -R Users .
% chmod -R g-w .
% compaudit


別解

.zshrc 内の compinit-u オプション(シェルスクリプトが安全かどうかのチェックをしないオプション)を付ける。

autoload -Uz compinit

compinit -u

セキュリティ的に怪しい気もする(そこまで気にする必要があるのかどうかはよくわからないが)。.zshrc を他マシンでも使い回しているので個人的には微妙。


参考