GR-CITRUSにmotファイルを書き込む方法

  • 3
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

 GR-CITRUSにmakeしたmotファイルを書き込む方法について説明します。ただし、Windows環境で書き込む場合についての説明です。

FDT(Flash Development Toolkit)のダウンロード

 GR-CITRUSにmotファイルを書き込むためには、FDT(Flash Development Toolkit)が必要です。FDTはRENESASサイトからダウンロードできます。
 まず、My Renesasにユーザ登録を行う必要があります。
LOGIN

 ユーザ登録が終了したら、評価版ソフトウェアツールのページを開いて、一番下にある「SuperH RISC Engine, RX, H8SX, H8S, H8, M16C, R8C, 740ファミリ 用 フラッシュ 開発 ツールキット(Flash Development Toolkit)」をダウンロードします。
 2016/06/12現在でダウンロードできるバージョンは【無償評価版】フラッシュ開発ツールキット V.4.09 Release 03でした。このリンクページの下の方にダウンロードボタンがあります。ダウンロードボタンを押すと、注意事項に同意を求められるので、「同意する」を押すとダウンロードが開始されます。

FDTのインストール

 fdtv409r03.exeを実行してFDTをインストールします。
 実行すると聞いてくるので、OKします。
02.jpg
Nextを押します。
03.jpg
Asia (Japanese)を選んでNestを押します。
04.jpg
acceptを選んでNextを押します。
05.jpg
USB Driversだけでいいと思うのですが、とりあえずこのままNextを押します。
06.jpg
Nextを押します。
07.jpg
Nextを押します。
08.jpg
Installを押します。
09.jpg
Installが始まります。
インストールが終了すると、この画面になります。
10.jpg
Finishを押すと、インストールは終了です。

motファイルの書き込み準備

 まずは、ブレッドボードなどの接続に使用するジャンパ線を用意します。
01.jpg
これをGR-CITRUSの下記の部分に差し込みます。MDと書いています。JP1とも書いています。
02.jpg
基板の色が違いますが、差し込む部分を拡大した写真がこれです。
03.jpg
ジャンパ線を差し込んで、PCとUSB接続を行った後、GR-CITRUSのリセットボタンを押します。

FDT Basicの起動

FDT Basicを起動する前に、GR-CITRUSのリセットボタンを押しておいてください。
FDT Basicを起動して「新規設定」を選びます。初めての場合は、自動的に新規設定画面になるかもしれません。
04.jpg
デバイスとカーネルの選択は、一番下の「Generic BOOT Device」を選びます。「次へ」を押します。
05.jpg
通信ポートの選択は「USB Direct」を選びます。「次へ」を押します。
06.jpg
GR-CITRUSと接続している場合は下のメッセージが出るかもしれませんが、出たときは「OK」を押します。
07.jpg
VID等が表示されるので「OK」を押します。
08.jpg
デバイスを聞いてくるので、RX600シリーズのLittieEndianで「OK」を押します。
09.jpg
そうすると、汎用デバイスの確認がすべて通ります。
10.jpg
OKするとクロックの設定画面が出ます。12MHzで「次へ」を押します。
11.jpg
書き込みオプションはこのままで「完了」を押します。
12.jpg
設定が終わって、USB接続が完了します。
13.jpg

USB接続でmotファイルを書き込む

 「File Selection」「User / Data Area」にチェックして右向き黒三角ボタンを押し、「参照」を選び、書き込むmotファイルを指定します。今回書き込むのは「citrus_usbfw.mot」です。
15.jpg
「スタート」を押すと書き込みが始まり、あっという間に終了します。
16.jpg
あとは、「デバイスとの切断」を押すと下の画面が出て「OK」を押すとUSB接続が切れます。
17.jpg

 以上がGR-CITRUSにmotファイルを書き込む手順です。