return文の勉強中に気になったことがあったのでメモっとく

return文とは、メソッドの中で return 〜 と書いた時点の値(この場合は〜の値)を戻り値とする文で、returnが出た時点でメソッドは終了となります。

def hoge
  "a"
  "b"
  "c"
  return "d"
  "e"
  "f"
  "g"
end

puts hoge
# =>d が戻り値となる

return文が無い場合は、最後に出てきた g が戻り値となります。

気になったこととは

メソッド内で色々と値が発生したとしても、最後に発生した値がメソッドの戻り値なんだなと、、当然かもだけど気になった。

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.