[RubyOnRails]リクエストとレスポンスの流れ その1

おおまかな流れ

Railsではクライアントサイド(PC、スマホ)から送られてきたリクエストに対して、ルーティング→コントローラ→ビューの順番で動いてレスポンスを返しています。

ルーティングの働きと書き方

送られてきたリクエストに対してどのコントローラのどのアクションを動かすかを命令するところです。
configフォルダの rutes.rb に書きます。
rutes.rb に最初から書かれているのは rutes.rb の書き方です。上書きして書き換えて良いです。

rutes.rb のサンプル
クライアントから hoge のパスをリクエストされてindexアクションとしたい場合

rutes.rb
Rails.application.routes.draw do
  get 'hoge' => 'hogehoge#index'
end

get 'hoge' がクライアントからリクエスト受けたところで、hogehoge#index は、hogehoge がコントローラ名でindexがアクション名です。

コントローラの働きと書き方

コントローラはルーティングからの命令をビューに渡す役目です。コントローラのファイルはターミナルからrails gコマンドで作ります。

$ rails g controller hogehoge

rails gコマンドを実行したら app/controllers/hogehoge_controller.rb が出来ます。

もしコントローラ名を間違えてrails gした場合は、rails dコマンドで削除します。

$ rails d controller 間違えたコントローラ名

コントローラファイルの編集からはその2に書きます。

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.