RaspberryPiのシリアル接続

More than 3 years have passed since last update.




Raspberry Pi Model-B

SDカード: Transcend SDHCカード 8GB Class10(TS8GSDHC10E)

OS: raspbian (2014-01-07-wheezy-raspbian)

<クライアント>

Surface Pro 2

OS: Windows 8.1

ターミナルソフト: TeraTerm 4.82

<その他>

FTDI USBシリアル変換アダプター(5V/3.3V切り替え機能付き)

ジャンパワイヤ オス-メス

USBケーブル(A-MicroB)

電源一式(5V-1A microUSB)


(1) Raspberry Piの準備

OSインストール済みのSDカードを刺します。

OSインストールの方法はいずれ。

(2) FTDI USBシリアル変換アダプターの準備

この製品は5V/3.3V切り替え機能がついている。

購入直後は5Vに設定されていたので、

ジャンパブロックを3.3Vの方に設置する必要がある。

(3)クライアントPCの準備

TeraTermをインストールしていない場合はインストールする。

TeraTermダウンロード

http://sourceforge.jp/projects/ttssh2/

(4) Raspberry Pi と FTDI USBシリアル変換アダプタの接続

ジャンパピンでの接続なので慣れてない人は注意。

USBシリアル変換アダプタの方はオス、Raspberry Piの方はメス。

接続は以下の3本。

・シリアル変換アダプタの GND とGPIOの 6番(Ground)

・シリアル変換アダプタの TX とGPIOの 10番(RXD)

・シリアル変換アダプタの RX とGPIOの 8番(TXD)

シリアル結線.jpg

(5) FTDI USBシリアル変換アダプタとクライアントPCの接続

USBケーブルでシリアル変換アダプタとPCを接続すると

Windows Updateで自動的にドライバがインストールされる。

うまくいかない場合や自動的に取りに行けない環境の場合は

主導でドライバをインストールする必要がある。

ドライバダウンロード

http://www.ftdichip.com/Drivers/VCP.htm

(6) Raspberry Piの起動

a. クライアントPCでTeraTerm起動。

b. COMポートを選択。複数ある場合はUSBシリアル変換で追加されたものを確認して選択すること。

c. メニューから「設定」→「シリアルポート」を選択し、ボー・レートを「115200」に設定して「OK」ボタンをクリックする。

d. Raspberry Piの電源を入れる。電源スイッチはないのでケーブルを接続するのみ。

e. TeraTermにメッセージが出力されれば、シリアル接続は成功。


<使用したもの>

SDカード

FTDI USBシリアル変換アダプタ

ジャンパワイヤ