2
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

Organization

【中小企業のエージェントを選ぶ理由をフリーランスエンジニアに聞いてみた】

こんにちは!:open_hands:

株式会社アイスタンダードの本橋です。:raised_hand:

今回はフリーランスエンジニアに有益な情報を提供させていただきます。

既に株式会社アイスタンダードの「at-engineer」
https://at-engineer.jp/
を利用している方は、

他のイケてるエンジニアの投稿を見て知識を蓄えてください。:pray:

一般の考え

初めてフリーランスになった方、フリーランス経験の浅い方は大手のエージェントを使いがちです。

もちろん、「長い物には巻かれろ」という言葉があるように、

大手のエージェントを使えば、安心します。:relaxed:

しかし、大手のエージェントは登録量が半端ないです。

そして、フリーランスエンジニアの方へ担当をつけるために

企業は多種多様な営業マン(新卒含め)を大量に採用します。

大体30-40人のフリーランスエンジニアに対してエージェント1人って感じですかね。
もっと多いかもしれないです。:frowning2:

---こっから本題---:point_up:

【中小企業のエージェントのいいとこ】

中小企業のエージェントは登録数が少ないです。

よってエージェント1人当たりの担当フリーランスエンジニアが10-20と大手の半分くらいです。

湯水のようにフリーランスエンジニアの登録が増えれば、
エージェントだって注力するフリーランスエンジニアを選べます。

しかし、中小企業のエージェントは登録数が少ないので、
フリーランスエンジニアを選べません。

なので、フリーランスエンジニア一人ひとりに対して全力営業です。

そんなこんなで日々、中小企業のエージェントは営業力を鍛えるのです。

培った営業力、顧客層を駆使してフリーランスエンジニアの案件参画に結び付けるわけです。

営業力のあるエージェントは右から左へ人を流して終わりではありません。
顧客の情報を日々キャッチして、すぐにでも参画できるフリーランスエンジニアの登録を指くわえて待っているわけです。

どうせならハングリーなエージェントに対応してもらった方がいいでしょう。

で、登録と同時に顧客に提案し、すぐ面談の設定をします。

  1. 登録
  2. エージェント面談(希望条件など)
  3. 客先面談(面談ていうより
  4. 即日合格
  5. 手続き(契約)
  6. 2日後参画

上記な流れはイケてるエージェントだと1週間以内に行われます。
あ、僕です。:japanese_ogre:

最後に:clap:

結局のところ、大手のエージェントにもイケてる営業はいますが、

確率でいえば中小企業の方が圧倒的に多いです。

なんでかって・・・?:alien:
企業も営業の採用もいればいいではなく、しっかり結果にコミットできるやつを採用するからです。:fist_tone5:
ほぼどこかで営業経験のある中途ですね。
だって仕事できなかったら会社傾いちゃいますもん。。。:skull:

ということで中小企業を選んだフリーランスエンジニアに聞くと

「案件決まるまで早すぎ:thumbsup:

とのことです。

ご愛読ありがとうございました。:lips:

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
2
Help us understand the problem. What are the problem?