OS X に PostgreSQL を Homebrew でインストールして brew services で起動する

  • 40
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

OSS-DB 技術者認定試験の勉強で PostgreSQL を Mac のローカルにインストールすることにしたのでその方法をメモっとく。

大したこと書いてないんだけど brew services というので起動できるということを知ったので記事にした。

PostgreSQL を Homebrew でインストールする

Homebrew を最新にしてから PostgreSQL をインストールする。

$ brew update
$ brew install postgresql

PostgreSQL を起動する

この記事では Homebrew のサービス管理機能の Homebrew/homebrew-services を使用する。

PostgreSQL は brew services start postgresql で起動できる。

$ brew services start postgresql
==> Successfully started `postgresql` (label: homebrew.mxcl.postgresql)

brew services を利用することで OS X の launchctl で plist を登録したり、登録解除したりしてた作業が簡単になる。launchctl に登録されるので明示的に停止しないと Mac を起動するたびに PostgreSQL が自動起動する点は注意してほしい。

また、brew services list で起動状況が確認できる。蛇足だけど出力結果に出ているように MySQL もこれで管理できるよ。

$ brew services list
Name       Status  User   Plist
mysql      stopped        
postgresql started takuya /Users/takuya/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.postgresql.plist

PostgreSQL のデータベース一覧を表示する

psql -l で PostgreSQL に接続できて、データベース一覧が取得できることを確認しよう。

$ psql -l
                          List of databases
   Name    | Owner  | Encoding | Collate | Ctype | Access privileges 
-----------+--------+----------+---------+-------+-------------------
 postgres  | takuya | UTF8     | C       | UTF-8 | 
 template0 | takuya | UTF8     | C       | UTF-8 | =c/takuya        +
           |        |          |         |       | takuya=CTc/takuya
 template1 | takuya | UTF8     | C       | UTF-8 | =c/takuya        +
           |        |          |         |       | takuya=CTc/takuya
(3 rows)

PostgreSQL を停止する

予想はつくと思うけど、PostgreSQL を brew services stop postgresql で停止できる。

$ brew services stop postgresql
Stopping `postgresql`... (might take a while)
==> Successfully stopped `postgresql` (label: homebrew.mxcl.postgresql)

参考文献

Homebrew/homebrew-services