LoginSignup
0
0

More than 1 year has passed since last update.

【AWS】Route53でドメインを購入する方法(コンソールの画像付きで解説)

Last updated at Posted at 2022-09-28

背景

  • 個人の技術ブログの解説にあたりAWSのRoute53でドメインを購入しました。
  • Route53のドメインの購入方法についてまとめておきます。

Amazon Route 53とは?

  • AWSのドメインネームシステム(DNS)のサービスです。
  • AWSはドメインの販売も行っており、AWSでドメインを購入できるサービスがRoute53です。
  • DNSサービスなので、DNSレコードの設定などにも使用するサービスです。

Route53でドメインを購入するメリット

  • ドメインは、お名前.comなどAWS以外の業者からも購入することができます。
  • 体感ですが、基本的にRoute53でドメインを購入するよりもお名前.comで購入した方が、ドメインの価格が安いことが多い気がします。
  • ただ、個人的にはドメインを購入するならRoute53をお勧めします。
  • 理由は単純なのですが、登録から、DNS伝播など通常ならシステム的に時間がかかる作業が一瞬で終わるからです。
  • Route53のドメイン料金が多少割高でも、作業スピードが圧倒的に早いので、十分に元は取れると考えています。

Route53でドメインを購入する方法

AWSのコンソールからRoute53のダッシュボードに移動

01_Route53_top.png

ドメイン名の選択画面に移動

02.png

末尾に使用するドメインをリストから選択

  • 表記の通り、ドメインによって料金が異なります。
    03.png

使用したいドメインが使用可能かどうか調べる

  • ここでは、個人ブログで使用しようと思った「takuma-tech.com」というドメインが使えるかどうか調べています。
    04.png

ドメインの登録年数を指定する

05.png

ドメイン登録に必要な情報を入力する

  • 個人で登録される際は、プライバシー保護は有効化した方が良いでしょう。
  • ドメインには管理者情報を紐付ける必要があり、それはこのようなサイトで公開されてしまうからです。
  • プライバシー保護を有効化しておけば、whoisで検索されてもまずはドメインの管理業者(この場合はAWS)の情報しか公開されないため、全世界に自分の個人情報を晒さなくて済みます。
    06.png

ドメインの注文

07_ドメイン購入最終確認_加工必要.png

注文完了画面

  • しばらくすると、登録に使用したメールアドレスにAWSからメールが届きます。(メール送付まで数日とか書いてますが5分ぐらいで来ると思います。)
  • メールにリンクがあるので、クリックすれば、注文完了となります。
     08.png

登録の進行状況の確認

  • Route53の左側の「保留中のリクエスト」からドメインの登録状況が確認できます。
  • ドメインの登録完了までしばらく待ちましょう。
    09.png

終わりに

  • 登録が完了するとRoute53のダッシュボード画面に使用できるドメインとして登録されます。
  • 「ホストゾーンの作成」から必要なDNSレコードなどを登録してドメインを使用開始しましょう。

参考資料

個人ブログ

0
0
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
0
0