Help us understand the problem. What is going on with this article?

【ELB】AWS ELBの負荷テストをJMeterServer群でやる【負荷テスト】

More than 5 years have passed since last update.

更新履歴

  • 2014/2/17 コメント頂いた内容を反映、誤字を修正

なぜELBの負荷テストはJMeterクライアント(GUI)1台からではだめか。

当初、ELB配下に、AZ-Aに2台、AZ-Cに2台の合計4インスタンスがある構成で、自分の開発マシンでJMeter(GUI)を動かして負荷テストをしていたのですが、なぜか、AZ-Aの2台にしか負荷が入っていない。

ググっていたら、AWS Japanの公式スライドを発見
http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/20130612-aws-meisterregenerateelbpublic

↑のp49に、 「都度DNS解決を行うツールが望ましい」 とあります。

なるほど確かに、JMeterはDNSキャッシュしてしまっているようです。↓
https://twitter.com/just_do_neet/status/331804161379270656

「SpotInstanceとJMeterを使って400万req/minの負荷試験を行う」

↑を参考に、JMeterサーバーを複数個立ち上げて負荷試験することにします。

構成

クライアント

サーバのコントローラ(クライアントと呼びます)は、開発マシンなど手元のマシンで良いです。
複数コントローラはこの手元のクライアントのGUIより操作できます。

サーバ

サーバはAWS上に構築します。実際にテスト対象に負荷をかける人たちです。
注意点として、これらのサーバからの通信をクライアントが受け付ける(クライアント側のInBound)ネットワーク設定が必要です。
(クライアント→サーバ だけでなく、クライアント←サーバも必要ということ)
多分、VPCおよびVPN構築するのが手っ取り早いと思います。
VPNの構築は、VPCに対するハードウェアVPNと、VPC内にVPNサーバを立てるソフトウェアVPNの選択肢があると思いますが、好きな方でどうぞ。

このサーバのInBoundは、22(ssh)、1099、40000を開けてください。

テスト対象

ELB配下に複数台マシンがぶら下がっている状態で準備してください。

サーバの構築

$ mkdir ~/src
$ cd ~/src
$ wget http://ftp.riken.jp/net/apache//jmeter/binaries/apache-jmeter-2.11.tgz
$ tar zxvf apache-jmeter-2.11.tgz
$ cd apache-jmeter-2.11
bin/jmeter.properies
server.rmi.localport=40000

最後の方のJava起動スクリプトを、以下に修正

${DIRNAME}/jmeter ${RMI_HOST_DEF} -Dsun.net.inetaddr.ttl=0 -Dserver_port=${SERVER_PORT:-1099} -s -j jmeter-server.log "$@"

また、クライアント名の解決がなぜかIPアドレスだとうまくいかなかったので、hostsにクライアントのIPアドレスと名前を付けています。

[クライアントのIPアドレス] jmeter-client

クライアントの構築

クライアントはMacで実行しましたが、
Windows等でも変わらないと思います。Java必須です。

apache-jmeter-2.11をダウンロードして解凍してください。

#
#上は省略
#

#この行を追加。↓サーバ側に設定した名前と一致させる
JVM_ARGS="-Djava.rmi.server.hostname=jmeter-client"

ARGS="$SERVER $DUMP $HEAP $NEW $SURVIVOR $TENURING $EVACUATION $PERM"

java $ARGS $JVM_ARGS -jar "`dirname "$0"`/ApacheJMeter.jar" "$@"

以下、サーバの数だけ、「,」で区切ってアクセスIPとポートを指定してください。

jmeter.properties
#163行目付近
remote_hosts=[サーバ1のIPアドレス]:1099,[サーバ2のIPアドレス]:1099,...

テスト実行

クライアント準備

クライアントで、JMeterを起動します

$ sh /path/to/jmeter_dir/bin/jmeter

↑によってGUIが立ち上がります。

「実行」メニューの、「開始(リモート)」にサーバのIPアドレスが羅列されているのを確認してください。

テスト計画を普通に作って下さい。
注意点として、スレッドグループで定義したリクエストは、各サーバ毎に実行されます。

たとえば、サーバを4台で実行するとします。
スレッドグループでスレッド数を10、ループを20とすると、合計のリクエスト数は、以下の計算式になります。

4(サーバ) × 10(スレッド数) × 20(ループ) = 800(リクエスト)

サーバ準備

$ cd ~/src/apache-jmeter-2.11/bin
$ sh jmeter-server

テスト実行

クライアント側の、「実行」メニュー→「全て開始(リモート)」にて実行します。

余談編:あれ?負荷がかかってない?

いざ負荷をかけてみると、なにやら途中で負荷が抜けている模様

CPU使用率

スクリーンショット_14_02_17_14_28-17.jpg

リクエスト数

スクリーンショット_14_02_17_14_35-4.jpg

@understeer よりコメント頂きました。ありがとうございます。

ELBはエンドポイントとマッピングするIPアドレスが負荷に応じて変わりますから、JMeter サーバを起動するときにも注意が必要です。
http://wiki.apache.org/jmeter/JMeterAndAmazon
にも書いていますが、JVMの起動パラメータ -Dsun.net.inetaddr.ttl を適切に設定してください。

ELB自体が負荷に応じてスケールIn・Outするため、このようなことがおきるんですね。

リンクの通り、JMeterServerの起動時のオプションで、
-Dsun.net.inetaddr.ttl=0を設定します。

$ cd ~/src/apache-jmeter-2.11
#最後の方のJava起動スクリプトを、以下に修正

${DIRNAME}/jmeter ${RMI_HOST_DEF} -Dsun.net.inetaddr.ttl=0 -Dserver_port=${SERVER_PORT:-1099} -s -j jmeter-server.log "$@"

結果どうなったか

EC2_Management_Console.jpg

負荷が抜けてない!

お疲れ様でした。

takudo
Flutter/Dart の入門中
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした