Edited at

Vagrantにスナップショット機能を加えるplugin、vagrant-vbox-snapshotの紹介

More than 3 years have passed since last update.

(追記:2016/01/16)

ちゃんと追ってないですが、Vagrant 1.8からSnapshot機能が公式についたみたいなので、そこを先にチェックして見た方が今はいいと思います。

Vagrant 1.8の公式サイトの紹介文


vagrant-vbox-snapshotっていうVagrantのplugin、有用ですよ、という話

ネット上にvagrant-vbox-snapshotを使っている人が少ないみたいなので、紹介する価値があるかなと思って書いてみました。

Vagrantが何かとか、Vagrantのインストールの仕方とか基本的なことは書きません。ネット上に一杯溢れてますし。

で、このvagrant-vbox-snapshotは何かというと、Vagrantでsnapshotを作成するためのpluginです。詳しくは以下のリンクを見ると分かるかと。

VirtualBox以外でこのpluginを使用したことがないので他のソフトウェア(VMWareなど)を使用したときにも使えるかは分かりませんが、VirtualBox + Vagrant使用時ならかなり有用なpluginです。


インストール

具体的な使い方は上記リンクを読んでみると大半書いてあるので改めて紹介する意味あるのかなと思いつつ書いていきます。

インストールは以下の通り。

vagrant plugin install vagrant-vbox-snapshot

するとvagrant snapshotコマンドが使えるようになります。

vagrant snapshotと打って確認できるサブコマンド群はこんな感じです。

$ vagrant snapshot

Usage: vagrant snapshot <command> [<args>]

Available subcommands:
back
delete
go
list
take

For help on any individual command run `vagrant snapshot <command> -h

全部のコマンドは使ったことが無いので、普段使っているコマンドに絞って以下説明します。


使い方


スナップショットを作成する

vagrant snapshot take <スナップショット名>


スナップショットの一覧を出す

vagrant snapshot list


指定したスナップショットの状態に移行する

vagrant snapshot go <スナップショット名>


スナップショットを削除する

vagrant snapshot delete <スナップショット名>

vagrant snapshot backは使ったことが無いのでよく分かりません。


何が便利なのか?

最近話題のChefやPuppet、Ansibleなどの構成管理ツールの実験をするときに各仮想マシンの状態を戻して実験する際に非常に役立ちます。というか無いとやってられません。

複数のスナップショットもこのpluginで作成できるので重宝してます。