Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWSなどサーバー間でネットワーク帯域を手軽に測定する方法

More than 3 years have passed since last update.

Netperfを使おう!

ネットワークベンチマークソフト。特定のホスト間でTCPやUDPのベンチマークを行う場合に便利。
大学時代は大変お世話になりました。
UDPでの測定は、-mオプションを使うこと!要注意。
UDPでの計測はiperfの方がオススメです。

インストール方法

Amazon Linuxへのインストール

yum install netperf

Macの場合

ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)" < /dev/null 2> /dev/null
brew install netperf

コマンドライン

基本的な使い方

1.netserverをサーバー側で起動
2.送信側でnetperfコマンドをで測定方法に合わせて起動する

それぞれ以下を参照して下さい。

サーバ

  • netserverを実行する
  $ netserver 

クライアント

    $ netperf -H <server IP addr> 

使用例

TCPでの測定

送信側(クライアント)は以下のコマンドを実行します。

$ netperf -H 192.168.1.32 

UDPでの測定

送信側(クライアント)は以下のコマンドを実行します。

    $ netperf -H 192.168.1.32 -t UDP_STREAM -- -m 1024 

※注意: デフォルトでは9216バイトのUDPパケットが送出されてしまうので、 "-m"オプションで各ネットワークのMTUを指定して下さい。;
デフォルトの使用ポート12865番ですが、変えたい場合のオプションは"-p"となります。

結果の見方

  • TCPでの結果
    TCP STREAM TEST to 172.29.34.138 Recv Send Send Socket Socket Message 
Elapsed Size Size Size Time Throughput bytes bytes bytes secs. 
10^6bits/sec 87380 16384 16384 10.00 94.13
              (1)   (2)   (3)   (4)   (5) 

(1)受信ソケットサイズ(byte)
(2)送信ソケットサイズ(byte)
(3)送信メッセージ(byte)
(4)計測時間
(5)実効帯域
  • UDPでの結果
    UDP UNIDIRECTIONAL SEND TEST to 172.29.34.138 Socket Message 
Elapsed Messages Size Size Time Okay Errors Throughput bytes bytes secs 
# # 10^6bits/sec 65535 1024 10.00 114702 0 93.97 65535 10.00 114702 93.97 
                                            (a)                      (b) 

(a)送信した帯域
(b)受信できた帯域(実効帯域)
とりあえずUDPでの帯域は(b)を見ればよい
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away