Atomパッケージの作り方(超入門)

More than 3 years have passed since last update.

Atomのバージョン1.0でパッケージを作った時のメモ


  • ひな形を作るには、コマンドパレットから Package Generator: Generate Package を実行

  • 開発ツールは cmd + option + i で開く。(あとはGoogle Chromeと同じ感じ)

  • package.json に dependencies 等を追加したあとは、コマンドパレットから Update Package Dependencies: Update を実行。(node_modules配下に格納されるので、ブレイクポイントの設定等も可能)

  • リロードは、コマンドパレットから Window: Reload を実行。([View -> Developer -> Open In Dev mode...]で開けばいいよ、という記事も見たけど自分の環境だと怪しかったので、毎回リロードするようにした。。。)

  • Javascriptで debugger と書いてもデバッガが起動せず原因が分からなかった。(無限ループしてるように見えた)


    • 代替ツールを探したものの、いいツールを見つけられなかったので、古典的な console.log デバッグをした。。。



  • パッケージレジストリに登録するには、



    • https://atom.io/ にサインインする。


    • アカウントページ にAPIトークンが表示されているのでコピー。

    • ターミナルから $ apm publish minor 実行。(パッケージのディレクトリで)

    • APIトークンを聞かれるので、先ほどコピーした値をペースト。