Help us understand the problem. What is going on with this article?

Goのmodulesを試してみたメモ

More than 1 year has passed since last update.

最近、Goを勉強しているのですが、一番最初にハマったのは実は$GOPATH内で作業しなければならない、という部分でした。

個人的にはいろいろな技術を試す場所をPC内で独自に決めていたので(例えば~/workみたいに)、この制約苦しいな、と思っていたら、今はmodulesというものがあることを知りました。

これなら$GOPATHでない所でもパッケージが見つからない問題が解消しそうだと思い、試してました。

誰かの参考になれば、と思いメモしておきます。

環境

go version 1.12.1

作るもの

以下のような構成で、main.goからtest.goを呼び出すだけの簡単なプログラムを作ります。

.
├── main.go
└── test
    └── test.go
main.go
package main

import (
  "fmt"
  "test"
)

func main() {
  fmt.Println("main")
  test.Test()
}
test.go
package test

import "fmt"

func Test() {
  fmt.Println("test")
}

そしてmain.goを実行してみます。
するとtestなんてpackageはない、と怒られます。

:!go run main.go
main.go:5:3: cannot find package "test" in any of:

modulesでpackage問題を解消する

ここでmodulesの出番です。

以下のようなコマンドを打つことで、ここが"modtest"というモジュールであることをどうやら指定する模様。

実行するとgo.modというファイルが出来ます。これがモジュールを宣言することになっているようです。

go mod init modtest

あとはimport部分を以下のように修正する。

main.go
package main

import (
  "fmt"
  "modtest/test"  // この部分をmodtest/testに修正する
)

func main() {
  fmt.Println("main")
  test.Test()
}

正しく実行できました。

:!go run main.go
main
test

modulesのことを知るまではdirenvとかで$GOPATHに現在のパスを指定する、など微妙に面倒なことをしていました。

参考

https://qiita.com/yoshinori_hisakawa/items/268ba201611401ca7935
https://qiita.com/spiegel-im-spiegel/items/5cb1587cb55d6f6a34d7

takeshi_miyajim
東京都で自営でプログラマをしています。 お仕事などがありましたら、ご連絡いただけたらと思います。
http://miyazi888.hatenablog.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした