無料!クレジットカード不要!開発環境不要!ブラウザだけで開発完了まで!FaaS体験

2017年11月、IBM BluemixはIBM Cloudになりました。
そして、ライト・アカウントの開始。
登録にクレジットカードは不要です。
無料枠も期限なしです。

俺は、猛烈に感動しているッ!

そんな訳で、ブラウザだけでさっくり開発して、寝ましょう。
もう午前1時だぜ。

IBM Cloud登録まで

https://www.ibm.com/cloud-computing/jp/ja/bluemix/lite-account/

アクセスすると、「ライト・アカウントを今すぐ登録」という文字が踊っています。ダンシング。

image.png

「ライト・アカウントを今すぐ登録」をクリックすると、

image.png

こんな画面になります。
メールアドレスが必要です。
クレジットカードは不要です。最後まで不要です。

image.png

「アカウントの作成」をクリックすると、こんな画面に。
メールが届いてるので、リンクをクリックしましょう。

image.png

残念ながらアカウントの登録に成功してしまいました。

ログインしよう、そうしよう

image.png

「ログイン」をクリックするとログイン画面に遷移します。
メールアドレスを入力して「次へ」をクリック。

image.png

メールアドレスが「IBM ID」になっています。パスワードを入力して「Log in」をクリック。

image.png

ウェルカム・メッセージが表示されました。

image.png

IBM Cloud Functions でサクッとプログラムを作りましょう。開発環境を作る必要はありません。ブラウザ上でプログラミングできます。
画面左上の マークをクリック→機能→作成の開始の順にポイント、またはクリックします。

image.png

組織のところにメールアドレスが表示されます。逆に言うと、メールアドレスが組織です。

「アクションの作成」をクリックします。

image.png
  1. アクション名を適当につけます。
  2. ランタイムを選びます。2017/12/05時点で選択できるのは、「Node.js 6」「Node.js 8」「PHP 7.1」「Python 3」「Swift 3.1.1」から選べます。私は「PHP 7.1」を選択しました。
  3. 「Web アクションとして有効化」にチェックを入れます。
  4. 「作成」をクリックします。

ブラウザで開発しよう

image.png

画面が切り替わります。サンプルコードがすでに表示されています。パラメータとしてJSONデータを受け取り、messageに値が入っていればgreetingに「Hello {message}!」を格納し、入っていなければ「Hello stranger!」を格納してJSONデータを返します。

「起動」をクリックします。

image.png

左下の「最終結果」に

{
  "greeting": "Hello stranger!"
}

と表示されています。どうやら、messageに何も入っていないようです。俺の名前を呼んでくれ。

という訳で、「最終結果」の右にある"変更アクション入力"リンクをクリックします。

image.png

JSON形式のデータを入力して「適用」します。

そして「起動」!

image.png

はい。左下の「最終結果」が、「Hello takepan!」になりました。

外部からのアクセス

では、最後に外部からアクセスしてみましょう。

JSONでのPOSTについては、こちらを参考にさせていただきました。 m(_ _)m

image.png

messageに「FOREIGNER」(外部の人)を設定しましたので、「Hello FOREIGNER!」と出れば、成功です。果たして。

image.png

はい。出ました。とりあえず、世界中のどこからでもアクセス可能なプログラムの作成まで、出来ました。

感想

無料でここまでできる時代に、なったんですねぇ……