GitHubレポジトリにあるファイルや特定行のリンク貼る時に知っておきたい唯一のこと

  • 67
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

GitHub内やチャットサービス等他のサービスでGitHubレポジトリにあるファイルや特定行のリンクを貼ることが多々あると思われます。

具体的なシチュエーションとしては、

ビル: なぁなぁジョン、この前直したいって言ってたコードってどこだっけ?

ジョン: あぁ、ここやで → ぎっはぶのリンク

みたいな時です。

その時に以下の様なリンクを貼るのはとても残念です

https://github.com/account_name/repo_name/blob/master/file_name

残念な場所がどこかというと

master というところです。

先ほどのリンクが何を意味してるかというと、

master branchのHEADのfile_nameファイル

です。

master branchのHEADというのは時と場合によってもちろん変わるので、数カ月後先ほどのビルとジョンのやりとりを見れば、ジョンがどこのコードのことを言ってたのかがすごい分かりにくいです。

その問題を解決するには

https://github.com/account_name/repo_name/blob/master/file_name

ではなく、

https://github.com/account_name/repo_name/blob/7d7c9f4d6b57671117e97d48c7434b504db28a25/file_name

のように、具体的なコミットの時のfile_nameのリンクを貼るべきです。

ただGitHubで、その時のHEADのcommitの状態にしてからファイルを探す〜ってやってると超めんどくさいです。

そんなめんどくさがりのあなたのためにとっておきのショートカットキーがあります

railsGemfile at master · railsrails · GitHub 2013-07-27 18-06-42.jpg

が、

yを押すと

スクリーンショット 2013-07-27 18.07.46.png

になります!

これでどんな時においても正確な情報を伝達することが可能になります! :smile: