Edited at
GitDay 2

github for macのここが便利

More than 5 years have passed since last update.

github for macのアップデートによりこの記事は情報が古くなってます

基本的にCUI派なのですが、gitはgithub for macがとても便利なのでCUIとGUIどちらも使っています。

皆さんgithubのPull Requestを使用してコードレビューを行なって開発を行なっていると思われるのですが、その一連の流れがgithub for macだと手軽に出来ます。

それでは順を追って説明していきたいと思います。


0. Download/Installation

ここでできます(・∀・)


1. Create Branch

作業をはじめるときは、まずブランチを切りますよね、github for macだと簡単にlocal、remoteブランチ作成ができます。

ブランチ一覧で元となるブランチの右上の + から、ブランチを作ることができます。

ブランチが作成できたら、localブランチしかできていないので、右のPublishボタンを押せば、remoteにもブランチが作成されます。


2. Add Commit Push

さて、次はCodeを書いて、先ほどつくったbranchにadd commit pushしましょう

と、その前にCommand Line Utilityを入れておきましょう。

コミットしたくなったら、エディターから先ほどのgithubアプリに切り替え、ではなく、ターミナルでgithubと叩きましょう

そしたら以下のようにアプリが自動切り替えして、commit messageを入れるところにフォーカスされます

diffを実際に右側で確認しながらcommitできるので、addのし忘れ等が減ります。

addする必要は無く、コミットメッセージの右上のボタンを押せばcommitできます(commitボタンの左の矢印ボタンを押しておけば、commit & sync(pull --rebase & push)してくれます)

remote branchはlocal branchと同じ状態にしておいたほうが他に人もコードレビューを簡単にできるのでいいと思います。


3. Delete Branch

そしてWebの方でPull Requestを送り、mergeしおわったら、branchを削除しなければなりません。CUIだとremoteとlocal、両方共消すのに2回コマンドを叩かなければいけませんが、github for macだと、一回ボタンを押すだけで両方とも削除されます。


4. Omake


shortcuts

ちなみにChangesタブとBranchesタブを行き来するのはめんどいという方は、Commmand + Bをすれば以下のようにbranch切り替え/作成ができるので便利です。

他にも色々、Shift + Command + O等の便利なショートカットキーがあるので是非!


magic stash

github for macにはmagic stashという機能が追加されています。

これは何かというと、commitしていないものがあってブランチを移動したい場合、通常はgit stashし、ブランチ移動してから、再び戻った時にgit stash popをしなければいけませんが、それをgithub for macは自動的に行なってくれます。

なのでブランチ移動がとても楽にできます。