Help us understand the problem. What is going on with this article?

Twitter APIのOAuthToken取得方法

More than 1 year has passed since last update.

TwitterAPIにアクセスするためのトークン取得に少し手間取ったのでメモ
すでにTwitterの開発者アプリを作成していることを前提としています。

ConsumerKeyとConsumerSecretの取得

https://apps.twitter.com/app/あなたのアプリID/keys
からConsumerKeyとConsumerSecretは取得できます。

ConsumerKeyとConsumerSecretのエンコーディング

トークンを取得するためには
oauth2/token
POSTでリクエストをする必要があります。
しかしその際のConsumerKeyConsumerSecretの取扱に要注意!

ConsumerKeyとConsumerSecretを:で繋いで更にBase64でエンコードする必要があります。
このサイトでエンコードしました

例.

ConsumerKey ConsumerSecret :でつなぐ Base64エンコード
AAA BBB AAA:BBB QUFBOkJCQg==

oauth2/tokenに対してのリクエストのヘッダーでAuthorizationの値として必要になるのがこの例で言う、QUFBOkJCQg==です。

実際にCurlでリクエスト

今回はさくっとCurlで取得しました。
Authorizationの値にはBasic QUFBOkJCQg==のように値を設定します。

curl --request 'POST' 'https://api.twitter.com/oauth2/token' --header 'Authorization: Basic 上記の手順で作成した値' --header 'Content-Type: application/x-www-form-urlencoded;charset=UTF-8' --data "grant_type=client_credentials" --verbose

下記のようなレスポンスが帰ってきたら成功!

{"token_type":"bearer","access_token":"AAAAAAAAAAA"}

最後に

https://apps.twitter.com/app/あなたのアプリID/keys
にあなたのアクセストークンとか書いてるから最初はそれでリクエストしてみたけど、
ダメで心が一度折れました。
あとBase64エンコードせずにリクエストして心が折れました。
SNSのAPIはどこも堅牢な作りになってきているイメージですね・・・・

次回はInstagramグラフAPI触ってみたい

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away