Help us understand the problem. What is going on with this article?

JenkinsとCloudFoundry(Pivotal Cloud Foundry)を連携する方法

More than 1 year has passed since last update.

JenkinsとCloudFoundry(Pivotal Cloud Foundry)のCDの連携設定を備忘録としてまとめました。

以下のシリーズのCF/PCF版です。

1. CloudFoundry Pluginをインストールする

JenkinsにJenkins CloudFoundry Pluginをインストールします。
インストールは管理者権限のあるユーザでJenkinsにログインし、Jenkinsの管理プラグインの管理利用可能なタブを選択、CloudFoundryにチェックをいれてインストールを実行します。

2. CloudFoundry / Pivotal Cloud Foundryの認証設定

JenkinsにCF/PCFの認証情報を設定します。Jenkinsの左のメニューの認証情報Systemグローバルドメインを選択、左にある認証情報の追加を選択し、以下の内容で追加します。

  • 種類 : ユーザ名とパスワード
  • ユーザ名 : CF/PCFのユーザ名
  • パスワード : CF/PCFのパスワード
  • ID : 空欄(あとで自動発行される)
  • 説明欄 : CF/PCF認証用のユーザである説明を記載

3. Jenkinsfileの設定と動作確認

JenkinsfileのPipline ScriptにはpushToCloudFoundryを使って以下の内容を設定します。

  • target : CloudFoundry APIのドメイン
  • organization : 対象のorganization
  • cloudSpace : 対象のスペース
  • credentialsId : 2で設定した認証情報のID(英数字文字列)
  • manifestChoice(optional) : manifestの情報
    • たくさんあるので省略、manifest.ymlに内容を記載して、インポートする形がよいと思います。
  • pluginTimeout(optional) : timeout設定、デフォルトは120
  • selfSigned(optional) : 自己証明書の設定、デフォルトはfalse
  • serviceToCreate(optional) : コマンド実行時に作成するサービス

以下にサンプルを記載しました。

pipeline {
    agent any

    stages {
        stage('deploy'){
            steps {
                pushToCloudFoundry(
                    target: 'xxxxxxxxx',
                    organization: 'yyyyyyy',
                    cloudSpace: 'zzzzz',
                    credentialsId: 'wwwwwwwwwwwwwwwwwww',
                    manifestChoice: [manifestFile: 'manifest.yml']
                )

            }
        }
    }
}

IP制限のある環境で実行する場合

Jenkins Pluginの中でcf pushおよびcf logs相当のコマンドが実行されるため、CF/PCFに対してJenkinsからの80ポート/443ポートおよび4443ポートの穴が空いている必要があるので注意してください。

参考情報

takamii228
ITエンジニアLv.0b110🖥CI/CDパイプラインの話でご飯3杯食べれる人。AWS SAA、CSM、CSPO🏉AtlassianとGitLabが好き。Jenkinsも少し。AWS、Java(SpringBoot)、PHP(Laravel)やって今はFlutter。Goも少し。お金の話が好き💰人生迷走中💩
https://takamiii.com
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした